516swqxo5zl

人間砂漠といわれる現代にあり、こそが、われわれに最も貴重なオアシスだとして、その理論と実践の習得をすすめた本書は、フロムの代表作として、世界的ベストセラー... 続き

コメント

頭の中を言語化されているようで、読んでる間終始不思議な気分だった。怖いような、ムカつくような。

愛は美しいものじゃない、ほんとは痛みも苦しみも伴うものだとずっと感じてきてたのに、あっさり言語化されちゃった。

わかってくれる人に出会ったことないけれど、これがわたしの愛の真実。

その他のコメント

【愛し方なんて】
書物で教わるものじゃないと思ってた、この本を読むまでは

#本結

愛は技術であり、一時の感情や、対象や、自分が愛されるかどうかということは問題ではない。愛を育むには、まず人に与える喜びを知り、自分から愛することを始める必要がある。そして、そのために自分が精神的に自立している必要がある。自分の心の成熟と愛の深さは比例する。

読者

4e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc47c3a285 018e 49d4 83ed b449cf7d3f0fEabdc9fe d35d 44f5 a3a0 31be8e906c6eIcon user placeholder71052d92 ac84 4605 a137 daaea22e13deA13cfc2c 655b 48aa 9a13 29ccd51ddcfb2b896ca7 6114 44cf a04c f691dff46953304dae92 030e 4d30 807d a10c9d6b84cd 94人

エーリッヒ・フロムの本

悪について

悪について

C15a8782 9534 4cb0 b5eb 5083ea7575c2

salute_salute

チェーンではない街角の古書店、友…

「愛するということ」と併読してみようと入手したまま積ん読中。夏までに読み終われるといいな。。

3年前