516swqxo5zl

人間砂漠といわれる現代にあり、こそが、われわれに最も貴重なオアシスだとして、その理論と実践の習得をすすめた本書は、フロムの代表作として、世界的ベストセラー... 続き

コメント

頭の中を言語化されているようで、読んでる間終始不思議な気分だった。怖いような、ムカつくような。

愛は美しいものじゃない、ほんとは痛みも苦しみも伴うものだとずっと感じてきてたのに、あっさり言語化されちゃった。

わかってくれる人に出会ったことないけれど、これがわたしの愛の真実。

その他のコメント

【愛し方なんて】
書物で教わるものじゃないと思ってた、この本を読むまでは

#本結

愛は技術であり、一時の感情や、対象や、自分が愛されるかどうかということは問題ではない。愛を育むには、まず人に与える喜びを知り、自分から愛することを始める必要がある。そして、そのために自分が精神的に自立している必要がある。自分の心の成熟と愛の深さは比例する。

読者

478150f3 f264 420b b8c8 50f24d2778bbB22f4cf2 c68f 4a1e 887b cd351b7dcbd9A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656Icon user placeholderE7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddC369da62 a91c 48f0 81e9 d38ee893f27852e7e177 750c 4c6f ac2d c3720835566447e79340 66ee 4a21 b6bf 584493fa920b 164人

エーリッヒ・フロムの本

悪について

悪について

C15a8782 9534 4cb0 b5eb 5083ea7575c2

salute_salute

チェーンではない街角の古書店、友…

「愛するということ」と併読してみようと入手したまま積ん読中。夏までに読み終われるといいな。。

4年前

Daa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b6a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a5