51rjxwf2agl

初瀬桃子は結婚八年目の子供のいない主婦。夫・真守の両親が住む母屋の離れで暮らし、週に一度、手作り石 教室の講師をしている。そんな折、義父の宗一郎が脳梗塞で... 続き

コメント

読者

1a4c5338 9ae7 4aff 9faa ae2cb299b1c00629c3ec bdba 462b b371 01bd30463422A8e6d8a4 b7e5 4bf2 b620 9d09fd5db3b7Cbb3b172 9678 4c89 8760 9030eaa1079f0a084b3e 3ba9 498b 88f5 64a4294c18fe6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376 6人

吉田修一の本

愛に乱暴

愛に乱暴

47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf

なおちゃん

なおちゃん25歳!!

コーヒー飲みながら一気に読破。 途中からのあれっ?ていう感覚は楽しいけど、ストーリーは楽しいものではない。。 因果応報という言葉がぴったり過ぎるほどぴったりなんだけど、赤ちゃんの存在って本当に不思議で、なにか物を言うだけで悪者になるよね、という自分の経験ともなんだか繋がる、桃子への共感もあり。 後味良い最後ではないけど、浅田さんや近所の李さんが少しの救いとして残ったのも良かったかも。

6か月前

F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Icon user placeholder
森は知っている

森は知っている

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

吉田作品にしては、異質な産業スパイの物語。娯楽性十分のスピード感、展開を予測させないストーリー、そして何より魅力的な登場人物たち。一気読みでした。実は、『悪人』や『怒り』をはじめとする人間の根源的な悪、または『7月24日通り』や『初恋温泉』のような恋愛、または『横道世之介』のユーモラス路線、または『パークライフ』で見せた純文学の筆致、は予測していた。しかし、この作品はいずれにもカテゴライズされない。この作者の作品は、とんなジャンルであれ水準以上のものだ。このようにして、また彼の世界にのめり込んでいく。

7か月前

Icon user placeholderAkiaivjyeuyp25rambwa23ad9c9c 23c2 4e3d 94ca c721b2efea40
長崎乱楽坂

長崎乱楽坂

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

女性目線の恋愛小説から、思わず笑いを誘うユーモア小説、さらにこの作品のような土着的な作品世界をもつ小説まで、この作家の活躍するジャンルは幅広い。 昭和後期の地方俠家の栄光と没落。猥雑さと暴力に満ちた日常の中で成長する、ある兄弟。途中、祭りの場面があるが、それが非日常と思えないほど、狂宴がくり返される。 とにかく、ずしんとくる小説。

8か月前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241C4cc33aa 7a43 4b98 9e80 179a4ac4d6401c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d