51bt8r2hhkl

不倫を清算できない真守。そんな折、婚家の祖父が離れに住まわせていた時枝という女の不遇の生涯を聞く。桃子は、離れの床下に異常な興味が湧き、思わぬ衝動買いに走... 続き

コメント

読者

0629c3ec bdba 462b b371 01bd30463422Cbb3b172 9678 4c89 8760 9030eaa1079f0a084b3e 3ba9 498b 88f5 64a4294c18fe6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376 4人

吉田修一の本

愛に乱暴

愛に乱暴

47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf

なおちゃん

なおちゃん25歳!!

コーヒー飲みながら一気に読破。 途中からのあれっ?ていう感覚は楽しいけど、ストーリーは楽しいものではない。。 因果応報という言葉がぴったり過ぎるほどぴったりなんだけど、赤ちゃんの存在って本当に不思議で、なにか物を言うだけで悪者になるよね、という自分の経験ともなんだか繋がる、桃子への共感もあり。 後味良い最後ではないけど、浅田さんや近所の李さんが少しの救いとして残ったのも良かったかも。

7か月前

F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Icon user placeholder