51bt8r2hhkl

不倫を清算できない真守。そんな折、婚家の祖父が離れに住まわせていた時枝という女の不遇の生涯を聞く。桃子は、離れの床下に異常な興味が湧き、思わぬ衝動買いに走... 続き

コメント

2017.12.28読了

読者

A3117d24 5880 4a6c b095 379d6198574b39daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71e6ce9369d 6820 4dd9 8aca 6a2c7ed5388f0629c3ec bdba 462b b371 01bd30463422Cbb3b172 9678 4c89 8760 9030eaa1079f0a084b3e 3ba9 498b 88f5 64a4294c18fe6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376 7人

吉田修一の本

作家と一日

作家と一日

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

綺麗な表紙だなと思った。 旅は良いなと思えた。いろんな場所へ旅に出て、はじめての人と出会う。はじめての経験ははじめての感情を生むきっかけをくれる。 自分の中の楽しみや心の余裕を取り戻せるのも旅の醍醐味のひとつかなと思った。周りにいる人達に優しくできるようになるなら、無理してでも旅を計画して踏み出してみるのも大切なことなのかもしれない。

約2か月前

8d604283 1d7d 4783 9813 c14c148509c3Icon user placeholder6538c91d a89b 48ad a866 c8fecc9b3607 8
国宝 (下) 花道篇

国宝 (下) 花道篇

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

全てを捧げるということは、全てなんだろう。だんだん喜久雄に形が無くなっていくようだった。 芝居にかける情熱は、赤く燃え上がり、青くかがやき、白く発光していく。 演台で語る語り部の長い話を聞き終えた気分だ。 最後にチョン!と拍子木が聞こえた。拍手は三代目に。

5か月前

F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeAa6ee617 096b 475d 9630 7cd5abb3890c