Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51h mrufonl

日本語から詩がこぼれてくる。 言葉にひそむ光、声を支える日々の足音、 最果てを抱えこんでいる私たち。——谷川俊太郎(帯コメントより) 第33回現代詩花椿... 続き

コメント

「たった一つになりたいから、たった一つになるために、たった一つだけを愛してみる」(「無限の魂」)

読者

1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd7520014253d4 6080 4951 9119 24735184a69614ac1dd3 5a85 4954 8ca6 b1982809aecc40fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf652890Bd206ab0 388d 44d4 8aaf be7efce83af0Icon user placeholder5bfb58e1 8480 4bf4 804f cc0603f3ec9a00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920 15人

最果タヒの本

41gx%2b%2b0vuel

団地のはなし 彼女と団地の8つの物語 東京R不動産

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元/皆様よろし…

ノスタルジーやマテリアルに傾きがちな団地本に於いて(好きだけど)生活の場としての団地に心地よさを感じるのはほとんどの執筆が女性だからか?短編「向かい合わせの二つの部屋」松田青子に描かれるゆるやかな地域共同体としてのこれからの団地の姿を見た。読了後「エイリアンズ」を口ずさむ。8篇の団地アンソロジー。

4か月前

5235cf1c ad95 4d17 a234 e8aca9f68f3d4302bf7a 4009 42d7 b858 83dc71a84588870e5356 1916 4821 b503 59c16c5338df 13
51mngy1z0ll

文学ムック たべるのがおそい vol.3 小川洋子

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

今号で真っ先に読んだのは、セサル・アイラの『ピカソ』 牛乳瓶から出てきた妖精に「ピカソになるのとピカソを手に入れるのと、どちらにするか」と訊ねられていろいろ考えたあげく……というお話。面白い。どうにもならないことを考えて(妄想して)いるうちに1日があっという間に過ぎてしまうタイプの人はハマると思う。

5か月前

Ec3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e01e83e0ed bc19 46c3 9ac4 081018c472aaBe32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797 9