41bb8jg7bpl

コメント

本当にタイトルと内容がこんなにもピタリ一致な本は見たことがない。
陽子さんがただただ旦那さんが好きで、一緒にいることが楽しくて嬉しくて、ひとつひとつを愛おしく思ってることが、
これみよがしでもなく、過大でも誇大でもなく、衒いもなく、縷々書かれているエッセイ。
こんな本は初めて読んだ。心底驚いた。

荒木みたいなパートナー、私は絶対持てないなぁと思う。耐えられないなって。怒りや複雑さも感じつつ、それでもスタンスが全く変わらない陽子さんの愛情とカラッとした感じは本当に本当にとても素敵。

あと書かれた年代が、一定以上の年齢層にはすごく懐かしく、想像に難くなく蘇るだろうと思う。ところどころの写真からも濃密に漂う時代の気配もまた、よかった。
本当に過不足のない、完璧な一冊だと思った。すごい。

その他のコメント

何度読み返したことか。ブエノスアイレスの母へ会いに行く話が好きだな。

こんな生活なら誰かと暮らしてみたいと久しぶりに思わせたエッセイでした。ただ陽子さんお酒ちょっと飲みすぎかな(笑)

読者

A647f3dd 8b9f 4d2b 94c5 18422f36d85489e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f87607e1c1 00bc 41a5 adec 2838ed2636c49a2e863a a054 436e ad7c da975f838c4a 5人

文学

51ym7srijml
E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

会社員

2017/3/22読了 ディスレクシアという学習障害のことをこの本を読んで初めて知った。

約20時間前

51c5 vz1u9l
5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

私はかなり好きな作家さんの一人でもある舞城さんの短編集です。かなり好きな作家さんなのですが、残念です、舞城さんには私は評価が甘くなる方だと思いますが、それでもこの短編集は少し行き過ぎかと。最近新作もほとんど出版されなくなってしまっていますが、心配です。 舞城作品の中では福井県の西暁(ニシアカツキという地名、実在するか不明)の作品か、東京の調布市の作品かのほとんどどちらかを舞台にした作品ですが、今回は少し長めの表題作「みんな元気。」と、とても短いけれどこの短編集の中では私のベスト「Dead for Good」が調布作品で、いまひとつ掴みどころの無い短い作品「矢を止める五羽の梔鳥」が西暁作品です。 どの作品も舞城作品にふさわしい擬態語に溢れていて特徴あるものの、作品の中で語られるスピードが非常に速く、また速くするために説明を、描写を、省いている感じが否めません。省くことでヒロガリを持たせる事も出来るタイプの文体もありますが、舞城さんのものは私個人は違うと思ってます。ですから、彼の語りたい内容やセリフに今までの作品にはチカラを感じていたものが、非常にムナシク響きやすくなってしまっていると思います。 一見舞城作品の特徴として大きいのが、擬態語や文体なのですが(それ以外にも本当の特色として、物語の長さや、スピード、そしてキメのセリフなり、登場人物の思考のリアルさ、リアルさから醸し出される虚しさ、空虚感【村上春樹作品にも共通する高度資本主義社会に生きる事からくるどうしようもない、逃れられない閉塞感】、そしてその空虚さを認識しながらも、軽く飛び出す事の出来る身軽さを伴った覚悟など)、絶妙のバランスで成り立っていた説得力の様なモノが無くなってしまって感じました。ただ残虐さのリアリティだけでは無い何かが失われてしまって感じました。語りたいスケールはとても大きくて、しかも割合ベタなモノであるのに、ベタからくる恥ずかしさからも逃れる事の出来ていた今までの作品と比較(どうしても期待が大きいと失望も大きく、それゆえ比較せずにはいられない)してどうしてもチグハグで、スケールと物理的なページ数の少なさにも不満を感じます。テーマと長さもあまりにも無配慮ですし、少し現実離れにもチカラの無さを感じてしまう作品になってしまっていると思います。 だからこそ、残念。 それでも、短くはありますが、チカラ強い短編「Dead for Good」は一読の価値有り。 2007年 7月

1日前

61blmknnmol
Dec40757 3667 4e2d 81a2 2d68d47ddcd4

ライオンの歯

ミステリー、ファンタージ好きのプ…

円居先生の日常ミステリー初体験

2日前

41jxbios0ol
5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

精神科医である春日さんのエッセイ(ノンフィクション部分)と、その事に関連して春日さんの書き上げた短い小説(フィクション部分)が合わさってひとつの章になっている、一風変わった本です。 「自分探し」というまずこの言葉の定義をキチンとしてから始まる事が良いです。曖昧に「自分探し」という単語だけでは私とあなたの考える「自分探し」という単語から受けるニュアンスの違いから誤解を招く事が多いと思うのです。そして、この「自分探し」という単語は人によって受ける意味に開きが大きいとも思うのです。 また、春日さんの不思議に思う事、そしてそれに付随して考えが及ぶ細部がとても変わっていて、また、変わっているのに腑に落ちる場面が多くてとても面白かったです。 「自分探し」の最中に、用心してもらいたいものとして春日さんの挙げる『謙虚さの有無』に尽きると、私も同感しました。 『謙虚さの有無』が客観性の度合いを弱め、他人からいわゆるイタク見える、下品な(自分さえ良ければ構わないという考えが透けて見える)グロテスクな存在に陥るのだと。 「自分探し」は広義に解釈すれば、していない人はいない。それそのものがいわゆる人生といっても良いと思う。しかし、狭義の意味において、「本当の」が付く「自分探し」は逃避や幻想や妄想である。謙虚さの、客観性の無い所に正当な評価は現れない。 と、私は考えるので、春日さんと「自分探し」という単語を定義した意味を近く感じたので、また納得したので、そういう方にはオススメ致します。しかし、その考えに同意できる人ばかりが読むことでは春日さんの考える「グロテスクな人々」には届かない本でもあるとも思う。この本のタイトルから興味が湧いて読もうと思う人には既にそういう傾向が高いと思うので。 2007年 7月

2日前