41bb8jg7bpl

天才アラーキーの亡き愛妻がつづった愛と日常をめぐる珠玉のエッセイ集。 続き

コメント

本当にタイトルと内容がこんなにもピタリ一致な本は見たことがない。
陽子さんがただただ旦那さんが好きで、一緒にいることが楽しくて嬉しくて、ひとつひとつを愛おしく思ってることが、
これみよがしでもなく、過大でも誇大でもなく、衒いもなく、縷々書かれているエッセイ。
こんな本は初めて読んだ。心底驚いた。

荒木みたいなパートナー、私は絶対持てないなぁと思う。耐えられないなって。怒りや複雑さも感じつつ、それでもスタンスが全く変わらない陽子さんの愛情とカラッとした感じは本当に本当にとても素敵。

あと書かれた年代が、一定以上の年齢層にはすごく懐かしく、想像に難くなく蘇るだろうと思う。ところどころの写真からも濃密に漂う時代の気配もまた、よかった。
本当に過不足のない、完璧な一冊だと思った。すごい。

その他のコメント

何度読み返したことか。ブエノスアイレスの母へ会いに行く話が好きだな。

こんな生活なら誰かと暮らしてみたいと久しぶりに思わせたエッセイでした。ただ陽子さんお酒ちょっと飲みすぎかな(笑)

読者

A647f3dd 8b9f 4d2b 94c5 18422f36d85489e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f87607e1c1 00bc 41a5 adec 2838ed2636c41c9b4d2b 48db 427c a8c8 01d68e389372 5人

文学

31487jt7aol
48b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd96988

yuko

本と映画と旅行とビールが好き

あなただけに 伝はればいいと 思ふのだけど、

約1時間前

619zjaohnil
5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb

takbook

初心者です

血を舐める未来さんのお話 何度かどんでん返しがある 始めの事件の動機がしっくりきてません

約3時間前

51hgrs8kdtl
F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

頼むからわたしの書いた小説を読ん…

ジェーンスーの本はこれで2冊目。 生活は踊るで彼女を知って、彼女の人生相談の回答がなんと明快かと驚いたのが、出会いのきっかけ。 ここ最近は恋愛については胸焼けを起こしていたので、恋愛系のコラムはうへえ、と思いながらも読んだ。(だったら別の本を読めばいいのだけれどな) とくに失恋した女友達に送るポエムめいた文章はぞっとした。 たぶん、女性からみればすごく良い文章なのだと思う。 ただ、男女の働き方の違い、「ひとにはそれぞれゲーム(仕事)のルールや勝利条件が違う」と説く章はさすがだな、と思った。あと未成年ならぬ未中年とか。 ※それにしてもandroidのアプリがクラッシュするのはどうにかならんものなのだろうか。読書メーターからこちらに移行しようと思ったのに、開かないんじゃどうしようもないぞよ。

約4時間前

4758095e fc68 41d5 85f2 689a6cef68b08f4d391f 24ce 46f0 a579 cb89f81d8205F4887ac7 757f 4a17 b005 ef2d9ddeb085
61kixwxnpll
Ac6031c8 0f43 44fc a7e4 44e4cfaed527

szm

Szm

著者の翻訳仕事が装丁のカラー写真も豊富にざっと展望できる。 柴田元幸との対談も充実。二人の姿勢の違いが率直に面白い。この二人が話すと翻訳というのがどういうことなのか分かりやすい。 別に春樹ファンでなくとも興味深く読める。 翻訳スキルを高めたい人はもちろん、翻訳をよく知らない人にも面白いのでは。 硬くなく読みやすい。

約4時間前