61afp9cgxzl

九州でトマトが枯死する病気が流行し、帝都大学の植物病理学者・安藤仁は農林水産省に請われ現地調査を開始した。安藤は、発見した謎のウイルスの分析を天才バイオハ... 続き

コメント

16回このミステリーがすごい!大賞最終候補作品。二人ユニット作家です。
バイオサスペンスなので飛び交うのは専門用語ですが、話が分断されることはありませんでした。登場人物も其々の役目を果たしています。
地球に蔓延るであろうウィルスとの戦い。と、自分達を脅かしている黒幕の推理。
バイオに関係ないところで、武闘派の安藤先生は大活躍です。そして、地球規模のパンデミックを防ぐために奔走します。
昨今、遺伝子操作について議論が交わされています。これを悪用すれば、人類は簡単に滅亡してしまうんだと。ゾッとしました。足の下で踏み潰される植物が、地球の生物のエネルギーの根源なのだと思い知らされました。

その他のコメント

関係無いんだけど、読んでる最中、STAP細胞とかモンサントとかって単語が浮かんできた。
関係無いんだけど。

読者

1b6c4080 a829 4171 938b 0ef1cf374c52Ad7604a1 3d64 4e68 965f 3eb906966f0b733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d2643c362e5a 4290 4a58 ae45 04f6eed71eb26603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d124a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a30e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c 19人

文学

破戒裁判 新装版 高木彬光コレクション

破戒裁判 新装版 高木彬光コレクション

F2d341c8 ceaf 4d12 a916 0c561a19ef78

taboke

5678

二件の殺人及び死体遺棄の罪に問われ、起訴された元俳優。弁護人・百谷泉一郎は、被告人の容疑を晴らすべく、検察と対峙する。そして、彼が取った驚くべき戦法とは!?全編公判シーンで描かれる、日本の法廷ミステリーの原点。百谷弁護士シリーズ、唯一の短編「遺言書」と、「丸正告発裁判」の特別弁護人に至るエッセイを収録

約13時間前

日々の考え

日々の考え

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

人の間で生きるから人間だとはこのことなのでしょうか。 小学生的ド下ネタに爆笑しつつ、生きるとは人生とは、、って自分の衣食住をふと考え直せるエッセイでした。

約15時間前

Icon user placeholder93605dd9 cb0d 46dd 86bb ff7582a4aca9
零號琴

零號琴

9807894d c4af 4d2f a85e b7f8185c4ef4

tasan-d

幅広く色々な本を読みます

一昔前のSFとはかのように面白いものかと思ってしまった!久々の楽しい夢が見れる内容であった。

約15時間前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Ba6f3735 afec 45f6 b78e 96c6b0ae0c66