9784087458589

コメント

2019/06/03 読了

退職した元刑事が巡礼の旅に出る。現在進行形の事件と過去の事件が重なりながら、なぜ巡礼の旅に出たのか明かされる。
モノトーンの世界でした。でも、登場人物が語る言葉一つ一つが心に響く。

読者

F9573ebe e6ba 4693 ab28 a2620e71aef380d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a721ff227 6404 486e a136 194741a375b4840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0E8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988a 5人

柚月裕子の本

検事の信義

検事の信義

840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0

Bighead

趣味:読書、バスフィッシング、ガ…

シリーズ第4弾 権力にも屈しない佐方がかっこいい。 狐狼の血のキャストも盛り込まれて、一気読みでした。

6か月前

1c941dd0 411d 4491 9973 c7fee83669a34d992493 bad7 4881 9601 875848105df608046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348a
凶犬の眼

凶犬の眼

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

映画化もされて非常に話題になった前作が面白かったので続編のこれも読んでみました。 前作で型破りなマル暴刑事の相棒を務めた結果、山奥の駐在所に左遷された若手警官が主人公。その頃、日本最大の暴力団が分裂抗争しており一方の組織の組長が暗殺される、というまんま山口組と一和会の抗争のような事件があり、主人公がくすぶっている山奥の工事現場にいわくありげな男が流れてきて、という話。もっとも男の正体はすぐに判明してしまうので謎解きというよりもこの状態がどういう展開になりどのような結末になるのか、という興味で読ませるタイプのミステリ。暴力団と警察の一線を超えてしまった結果、無惨な最期を迎えた先輩刑事から主人公は何を学びどう行動するのか…という意味でも登場人物の関係性を押さえる意味でも前作から順に読まれることをお薦めします。少し暴力団を美化し過ぎでは、と思わなくも無いですが作品としては非常に面白かった。

6か月前

2a050e69 16fc 4c46 9dd8 a77dc80df1a2B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6eeIcon user placeholder
最後の証人

最後の証人

4d992493 bad7 4881 9601 875848105df6

ほっちゃん

本好き

やはり、次も柚月裕子さんを読みたいと思った。 一気に読ませる作家さん。 佐方貞人 検事やめっちゃったんだ。何があったんだろう? 国家権力による飲酒運転の隠蔽→検察審査会の無力さ→罪の連鎖。 本作からは離れるが、刑法39条には異論がある。責任無能力者であっても罪を犯したら罰せられるべきだと思う。その方法は違っても。

11か月前

F9573ebe e6ba 4693 ab28 a2620e71aef3060fabb6 e250 405a bae0 4c00cce28d08E8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988a 8
検事の本懐

検事の本懐

4d992493 bad7 4881 9601 875848105df6

ほっちゃん

本好き

検事の使命を先に読んでしまったので、「本懐を知る」の章は先が読めてしまったが、他は一気に読んだほど、面白かった。佐方検事のファンである。

12か月前

E8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988aDa7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5