51thn94w91l

コメント

すごく好きな作品。

途中でオチは読めますが、オチよりも私はストーリーが好きです

結局誰も救われない。こんな話、貫井さんにしか書けない!スゴイ!

全ては受け入れがたい現実を覆すために。黒魔術へと没入し、ひとり罪を重ねる愚かな男。果たしてその正体は......

見事なまでにミスリードに引っかかった。
終盤のある人物の一言で気付く真相。

わたしが信じたわけではありません。犯人が信じていることが重要なのです。

『プリズム』が面白かったので読みました。
章が変わるごとに異なる場面が交互に書かれ、それが徐々に繋がりそうで繋がらないから早く読み進めたくなる。そしてあのラスト。
これぞ本ならではの面白さだなと思いました(映像化はできないでしょう)
新興宗教にのめり込んでいく様子も狂的で、人間の弱い部分が描かれているように思いました。タイトルも秀逸…!

叙述トリック不朽の名作。
違和感を感じつつも、違和感の正体が掴めないまま、終盤の「ある1行」で一瞬の混乱に陥る。最終的には救われない話で終わってしまうのだが、それもまた妙なのかもしれない。

そうなんだよね、やっぱりお前だよね犯人

悲しみの深さを他人(ひと)ははかることができない、と思った。2つの視点から交互に重なっていく。
暗い。陰湿すぎず重たすぎず。暗い。暗いから面白い。
2日で読み終わった。

慟哭 《どうこく》
悲しさのあまり、激しく嘆き泣くこと。

元祖"ひっくり返り"系⁈最後の最後「えっ⁈」ってなって事態が飲み込めなかったのを思いだした。貫井徳郎作品に大ハマりするきっかけになりました。

読者

B2671df0 f03e 4bdf 96a9 8e76ae8458f50d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b7f7ab04a 124a 48f3 bc80 0f934f23e527E0814ea8 0df2 4279 ad80 13fab4f65e1e97581051 b1dd 4248 83bb 683e4334ab435efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f75ef2886 d3bc 4d56 93be c5436a914af471791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee41 37人

貫井徳郎の本

我が心の底の光

我が心の底の光

Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c

しずか

本、読む人の横顔も好きです

感情移入がしにくい主人公にもやもやしつつ、物語はどんどん暗くなっていく。幼少期に負った傷と重なる罪。重たい...本来なら可哀想だと思えるのにそう思えない自分が不甲斐ないと思っていた。ら...! 読み終わったら必ずこの作品を検索して欲しい。感情移入出来なかった理由が分かる。すごい。貫井さん。

約1か月前

E7e5a011 ef2f 405e bdcd 4c910806fa91F3b5a593 5048 4cd4 a692 f53f11d2bcefIcon user placeholder
私に似た人

私に似た人

1709b8d6 f254 4c0e 8ab5 33c4ad72d2ca

MCW

本がないと落ち着かない…

同著者の「乱反射」を読み終えて、この本を読んだのですが、それぞれの視点、思考が面白いです。 内容としては世界的にみられる宗教テロとは違い、何とも日本人らしいエゴによるテロの話で、もしかしたら実際に起こり得るような気がしそうなリアルな内容で私も登場人物にいちいち入り込んでしまいました。

8か月前

0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee0a084b3e 3ba9 498b 88f5 64a4294c18feA4180189 89b9 491c abf7 d03e985ee44a
微笑む人

微笑む人

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

『被害者は誰?』が面白かったので、貫井作品2作目です。いわゆる犯人を解決するミステリーではないことを理解して購入。どんな展開が待っているのかと、各章は非常に面白く展開していく、、、けども、、、最後が全くもって頂けないですね。。。

約1年前

0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4bE0814ea8 0df2 4279 ad80 13fab4f65e1eIcon user placeholder 20