9784065125892

秀俊は13歳にして豊臣家を出て、備後国の小早川隆景の養子となる。隆景は秀吉の信頼厚く、毛利家内でも重きをなす人物だ。対面して秀俊は隆景の眼鏡に適い、秀俊も... 続き

コメント

2019/06/15 読了

〜歴史とは生き残った者が紡ぐ過去である〜
秀秋、カッコいい!
関ヶ原でぐずぐずに描かれる秀秋。
こんな解釈も成り立つのか〜。
いや〜面白かった。
本を読んでいて、久々に電車を乗り過ごした(^。^)

読者

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

矢野隆の本

決戦!関ヶ原

決戦!関ヶ原

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/05/31 読了 『歴史・時代小説縦横無尽の読みくらべガイド』からの選書。関ヶ原の色々な切り口が面白い。お気に入りは木下昌輝の「怪僧恵瓊」。対する葉室麟の「孤狼なり」が三成側の解釈。映画「関ヶ原」のシーンが頭の中を駆け巡った。

3か月前

NARUTO ─ナルト─シカマル秘伝

NARUTO ─ナルト─シカマル秘伝

1be3b66a f6ba 49cb ab3c 9890d1ede5ec

AEIOU!

気になったらなんでも読むマン フ…

あのNARUTOの外伝小説でシカマルさんメインのお話です。 わたしは個人的にこの話は大人の女性にオススメしたいです。 シカマルさんのひたすら格好良い生き様とテマリちゃんとの関係にキュンキュンします! そしてその表現がとても巧くてのたうち回ってしまいます。 勿論長年のNARUTOファンの方も十分に楽しめます。 大人になったナルトくんたちの活躍がこれからも楽しみです。

約4年前