51dwn4fu8ol

「夫は、仕事ができないらしい」。会社のこと、実家のこと、ご近所づきあい……どんな家庭にもある、ささやかだけれど悩ましい「問題」の数々をリアルかつ温かく描く... 続き

コメント

なんか家族っていろいろありますよね。それこそ百家族百様…
うーん…面白いんだけど、なんかいろいろ複雑

家庭にまつわる短編の2作目。『どうやら、夫は仕事ができないらしい』って文章で笑った。

様々な家族の様々な問題。
どれもが『我が家』の問題で、外からは見えなかったり理解されなかったりする。
家族ってあまりに当然の存在だけれど、『私』の集合でもあるということに気づかされる。

奥田英朗という人は、作品の幅が広く、器用な人だなあ、と。

みんなそれぞれ家族のために自分のできることを模索してて、その一生懸命さに胸が詰まりそうだった。

料理が本当に美味しそうに書かれている。

読者

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bdIcon user placeholder2e63038c 2287 4e0c 9156 80b24541c1fc1b14913b e1c6 4126 adcd 1f5a003a9218Aa6356d5 940f 4432 8ab8 208b758f3b04Icon user placeholder458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 20人

奥田英朗の本

我が家のヒミツ

我が家のヒミツ

47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf

なおちゃん

なおちゃん25歳!!

好きなシリーズ!エピソード自体どこにでもある話だけど、どこにでもある幸せを感じにくくなったら読みたい本。いつも救いのある結末が良い!

4か月前

060fabb6 e250 405a bae0 4c00cce28d08Bed08483 f99a 40de 9dc0 ff0a96a68a4b5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be