51oljmmunel

コメント

題名に納得。人それぞれ"光"はある。"光"をなくした人の最悪の人生かもしれない。

読者

78653f1d d66b 4f85 ae75 dbbf1bf2edfe3eb7b414 630a 47b3 bc8b 3af93c2d7ce19e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453 3人

貫井徳郎の本

女が死んでいる

女が死んでいる

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

短編集。普段、貫井さんの重いイヤミスをが好きな人は物足りないかも知れないが、ちゃんとどんでん返しはあるので楽しめた。軽く読みたい時には良い。

27日前

警官の貌

警官の貌

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

時々、ハズレなし短編を読んでみる。知ってる話もあるけれど、また読む。短編は肉弾戦のようで楽しい。

約2か月前

我が心の底の光

我が心の底の光

Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c

しずか

本、読む人の横顔も好きです

感情移入がしにくい主人公にもやもやしつつ、物語はどんどん暗くなっていく。幼少期に負った傷と重なる罪。重たい...本来なら可哀想だと思えるのにそう思えない自分が不甲斐ないと思っていた。ら...! 読み終わったら必ずこの作品を検索して欲しい。感情移入出来なかった理由が分かる。すごい。貫井さん。

4か月前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e7c1c84bd 9249 4700 b114 46131ca608cbIcon user placeholder