51qmlaec8el

冴えない会社員をしているカナエは、小学校時代の同級生中平かずきと再会する。彼はナゼか一人でロケット開発をしていた。かずきの驚くべき目的を知り、カナエは思わ... 続き

コメント

一コマ一コマキラキラしててビックリした。

こういう普段は別に当たり障りないくせに、いざという時だけやたら頑固になる人、いる。そういう人に限って、周りを密かに救っていたりする。結構最後が最後なんだけど、本人たちが全てをやりきってなりふり構わない姿が印象に残った。結構好きな部類だと思う。
あと完全に余談だけど松田龍平で実写やってほしい。

読者

Ddac820b dea9 4055 ab0a 5d8523dcf2538fccfba6 78fc 477f a546 a3125957caa130e01f34 de10 4a91 8f03 7a329d9104a357db150b 5331 49f0 9e29 a289103d8dd31d7554d0 6037 403f aa09 3e83a132e72953faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e203cce5dd c435 48a4 bafc cf986643d779874d4fa5 381f 468b bbba b668c3c1826d 8人

森田るいの本

我らコンタクティ

我らコンタクティ

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

ある理由(理由はタイトルにつながっている)のために宇宙にロケットを飛ばそうとする技術職の男と、男に誘われてロケットを飛ばすために知恵を出したり暗躍する女の二人が活躍するロケット飛ばしマンガ。野球でたとえるならホームラン…ではなく三塁打という感じ。観ていてスリルがあって、手に汗にぎる清々しい話だなと。この清々しさ、以前読んだ絲山秋子さんの小説「沖で待つ」を読んだときに感じたことが僕はあったなと。男と女のペアが最後まで裏切ることなく話の最後まで行くから生まれる清々しさ。同性二人ではなく男と女だから生まれた清々しさではないかなと。

1年前

4d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e431F0409bf2 8f74 489e a553 0ffd8c167a9fF23507d4 4c44 4905 bd44 14be90bf1684 11