5171%2b7zakpl

戦国――激動の55年を、織田信長、上杉謙信、明智光秀、大谷吉継、小早川秀秋、豊臣秀頼ら六傑の視点から描く、かつてない連作歴史長編小説! 男達が戦う意味は何... 続き

コメント

2020年の大河ドラマ明智光秀に決定に触発されて、光秀関連の小説を読みあさっている中の一冊。
光秀を含む、戦国武将6人の短編集。
それぞれ、適度に濃く、適度に軽い。

記憶に残ったのは、上杉謙信の短編。
信仰の持つ力の大きさが印象的だった。
天下を取るという大望を目指すことができるのは、それに伴う屍の山、血の川を、自身が生み出すことに耐えうる者だけ。もはや狂気。
それは自身の大望に対する信仰であるとともに、犠牲にする者達から自身への信仰を形成することが重要。

現実社会でも、人が実際に死なないという違いはあっても(間接的に死ぬこともあるだろうが)、同じなんだろう。月並みだけど。
大望のためなら、なんでもやれる。そういう人が、エネルギーに満ちて生きられる。
まず大望があるかないかが、大きな違いなんだろう。
そんなことを思った。

その他のコメント

戦国時代の連作短編集。語りつくされた戦国の人物を短編の中で活躍させるのは難しい。中では、大谷刑部吉継の話が面白かった。

読者

A91cde78 7eb0 4b92 9753 32f604937345214e5862 3263 4a86 b0a9 70053bd33b5b1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad484d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690 4人

冲方丁の本

決戦!関ヶ原

決戦!関ヶ原

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/05/31 読了 『歴史・時代小説縦横無尽の読みくらべガイド』からの選書。関ヶ原の色々な切り口が面白い。お気に入りは木下昌輝の「怪僧恵瓊」。対する葉室麟の「孤狼なり」が三成側の解釈。映画「関ヶ原」のシーンが頭の中を駆け巡った。

4か月前

麒麟児

麒麟児

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

勝海舟と西郷隆盛=麒麟児、というとこだろうか。 勝海舟が語り手である。クドクドと歴史を説明しているところが無くて、読みやすかった。 勝海舟が心の声を解読しているので、臨場感溢れる江戸城無血開城の談合場面になっていると思う。 ある時代の歴史を動かしていたツートップの絆の強さを感じる。西郷隆盛があまり出てこないのも、またいい感じです。

7か月前

84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690Icon user placeholder0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee