51xvj5q1z8l

大正歌壇の寵児・苑田岳葉。二度の心中未遂事件で、二人の女を死に迫いやり、その情死行を歌に遺して自害した天才歌人。岳葉が真に愛したのは?女たちを死なせてまで... 続き

コメント

美文でよく聞く名前を覚えていて、ずっと読みたかったのをやっと手に取ることができた。謎は一人称で語られると際立つとは常々思っていたけど、滑らかな美文がその謎を更に魅力的に彩る。この短編集の中の謎を抱えた人物は皆どこか孤独で寂しい、そうした人々を囲む情景を描き出す文章は色が滲み出るように美しい。夜中に目が覚めて一気に読み終えてしまった。

その他のコメント

読んでいる時心静かだったが、読み終わったら様々な想いが収まらない一冊でした。

読んでる時、自分の息がこの美しすぎる感覚を壊しまそうとも思った。読み終わると、仄かの隔世感が覚える。

読者

71abaace c584 498d 84e5 e132c188cdec8d955363 5292 45e6 a47d af2e16c445352c144179 394e 42df a05f 5d380807297c22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a09b6918f0 31d9 4772 b469 00187c1e6633Dec40757 3667 4e2d 81a2 2d68d47ddcd42aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab7 8人

連城三紀彦の本