51d57zjpqrl

コメント

片付けの本ではなく、生き方の本。スタートを切るなら早い方が良い。20代の著者から刺激を受けた50間近なワタシ。(^^;;スルッと読めるので繰り返しても良し。血肉になれば手放すも良し。

読者

4e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1ccIcon user placeholderFfbcf52a 3aea 4917 b928 3e11df6ea2fdIcon user placeholder6b34f651 da9b 466f b85d edb25eb3c69b00363bdb 2286 4920 9c3f ef181728d2875e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41Icon user placeholder 10人

人文

発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ

発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ

8bbb5455 62a8 47ff 95da 8a6015e38e13

kantaroh

ブルーにこんがらがって

君の営み、我々の営み、別々のようで同じなんだヨ。 自然の営みを長い歴史の中で、デザインすることでその恵みを頂戴する術が発酵なんだ。 限られた資源、その土地の風土、そしてヒトの営み、それらの関係性から発酵は生まれる。 レヴィ=ストロースから山口昌男に至る文化人類学のレンズを通して、デザインされた発酵文化人類学。 自然とヒトの関係性が複雑なように、発酵とヒトの営みを語るには、一筋縄でいかないんだ。 けれど、全ては繋がっている。それはヒトの歩んできた道には発酵が付き物で、たぶんこれからもぼくたちは発酵と付き合っていくだろうから。 明日の朝はみそ汁を飲もう、そんな気分の読後感。

2日前

4638bd4c 544a 4f86 a44d a78884bf205fIcon user placeholder5fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb 25