51ymufd2t2l

【社会科学/教育】手紙は贈り物。季節感や季語を取り入れた、印象的な手紙を書くための一冊。一日に一つ季節の言葉を説き、その言葉を使った手紙文例を紹介。一筆箋... 続き

コメント

2018年63冊目。散り際の桜を、零れ桜と呼ぶこと。お天気雨を、戯と呼ぶこと。日本語の表現力がすきだなとおもいました。 / 20180408

読者

40f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f166091ffe5bc5 8734 4a50 b571 1fc1d241f3a926a94258 01da 4022 84e9 5313b77d263e 3人

山下景子の本

花の日本語

花の日本語

6af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fd

現代小説、エッセイ、詩歌を中心に…

「美人の日本語」と一緒に購入。 花の和名、異名、語源、起源、題材に使われた歌など様々な情報がぎゅっと詰まった素敵な本でした。 花にまつわるエピソードなんかもちらほら添えられていて、教養を得るだけでなく創作意欲も掻き立てられます。花が好きな方は是非。

1年前

美人の日本語

美人の日本語

7d32d72d e770 405c 976e 1b3eb704a85f

みわこ

古典落語が子供の頃から好き

日本語ってこんなに綺麗な言葉がたくさんあるんだと教えてもらった一冊です。

約2年前