516j8zgowvl

『日本史のツボ』(文春新書)、『ヤバイ日本史』などで知られる人気歴史学者が、専門である鎌倉時代を舞台に、満を持して取り組んだ意欲作です。本郷さんは鎌倉時代... 続き

コメント

サブタイトルの「日本史のターニングポイント」というコピーに興味を惹かれたので。正直言うとかなり地味な乱という印象で世間知らずの朝廷が源氏の断絶に調子にのって兵を挙げたらあっけなく潰されました、的な記憶しかなかったので何がターニングポイントなのかと。まずは鎌倉幕府とは何か、という定義で元々は東国の武士たちの互助会のようなもので自分たちの権益だけ守れたら良く国全体をどうこうしようという意志はなかった、という説明があり、故に別に頭目は源氏の正統でなくてもよく実力者が務めればよいという構造だったので得体の知れない豪族だった北条氏が権力を握ったのだということが分かる。しかし権力を握るまでの時政、義時親子の日本史でも稀に見る陰険さが凄まじい。そして乱を起こした後鳥羽上皇が経済力でも武力でも当時においては日本一であったということが説明される。つまり時勢の読めていない貴族が起こした乱ではなくじゅうぶんに勝ち目があると踏んだ権力闘争であった、ということで結果として朝廷側が敗北したのはなぜか、その結果はどういうことになったか、という内容です。小説ではなく感情を廃して簡潔にまとめられてるので読み易く非常に面白かったです。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

本郷和人の本

東大教授がおしえる やばい日本史

東大教授がおしえる やばい日本史

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

歴史上の人物達を、すごい点とやばい点(欠点や奇行等)という2つの面から紹介。 歴史を動かした人々は、偉大なだけではなく、清濁併せ持った人間だということがわかる。ただ、それほど深く掘り下げた本ではないので、歴史マニアにはちょっと物足りないかも。 個人的に野口英世のやばいエピソードに驚いた(金を使いまくった挙句、持参金を渡してくれた婚約者との結婚を一方的に破棄した、というもの)。自分の中で、野口英世の勉強熱心で清廉潔白なイメージが完全に崩れた。偉業に注目するあまり、自分も歴史上の人物を美化し過ぎていたのかもしれない。

7か月前

Icon user placeholder6c6fac46 cb3f 4077 bd31 c9ed487266e084c2c695 ec89 439e 8354 675fb6761adc 9