31maovdbqxl

本書は、著者が投資家として20年以上かけて考えてきた「お金の本質とは何か」の結論を一冊に凝縮したものである。 続き

コメント

投資、お金、会社、真面目、安定の考え方を変えてくれる本。
日本人の性質を分かりやすく教えてくれる。
ブラック企業を生んでいるのは消費者、貯蓄は死んだお金、孤独を埋めるための消費、その会社は真面目かどうか。
学校でこの本を教科書にしたら、日本は変わる気がする。

その他のコメント

自署の中で最も売れている本。投資とはなにかということにまっすぐに答えている本で、読後感がよいというということで、多くの方に支持をされています。

本屋に『悲しき熱帯』か『クレオール主義』か『自壊する帝国』を買うつもりで行ったらまさかのどれもなくて、ふと目に入ったので買ってみた一冊。何かととてもよかったです。真面目さ、大事ですよね、投資、大事ですよね、と思いました。消費行動においては投資の感覚はわりとあるのだけどいわゆるところの投資ってしたいしたいと思いつつしないままここまで来ちゃったので、ひとまずひふみ投信の口座を開設しようかなという気になりました(簡単)。9月にこの著者の新しい本が出るとのことで、こちらも読んでみようという気になっています。

読者

6b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81cccCb6fee81 97ab 4c85 9b00 6906ef9481a094957c63 3a2e 43c2 8c1c ea56fbd9d787F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd98bae72e a574 4d2a b035 328820cca0a8802370bf 36ec 47c8 9ae1 351b440ad83230acae4a 6218 4f12 aace 9f0d875ad40c6ce17271 e83d 44c4 ae56 c7e82c207e36 24人

藤野英人の本