51gqldy6fal

三世代、百年にわたる「風変わりな家族」の秘密とは-。東京・神谷町にある、大正期に建築された洋館に暮らす柳島家。ロシア人である祖母の存在、子供を学校にやらな... 続き

コメント

仲間内にしか分からない合言葉って素敵

三世代にわたる家族の物語。
いろいろな人の主観で語られる。それぞれに挫折がある。しかしそれを最悪のものと感じさせない家族の絆と愛。登場人物みんなに愛があってとても穏やかな気持ちになった。

2016.04.30
家族の話。他人からどう見られ思われようと、家族にしかわからない世界がある。
人の数だけその世界がある。「標準」「普通」などない。

江國さんの描く家族の物語が、大好きです。

季節の移ろいや、家族にしかわからない習慣や合言葉。少し変わっていて愛おしい家族の物語

読み終わらないうちに、これはいつかまた読みたいと思った。
それぞれの視点で描かれていて、時代がうつりかわる。ある変わった家族の物語。

たいせつな一冊。

読者

F8691eed db21 42e5 a930 fe7d30b53c8aEee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9E1562d5e 21ae 427c 8cbf 124bdb642864Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1eF157a395 dd8e 4942 a829 47ec55fc798b61c9d7e2 a637 400c ae47 375b213aec3a22322742 0fb9 47b8 99c1 98207a0d04d179bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a92398564 16人

江國香織の本

号泣する準備はできていた

号泣する準備はできていた

B0f9209d aa6d 4ae3 bf15 9b0e65096a98

すのう

夏目漱石、芥川龍之介、伊集院静、…

喪失するには所有が必要で、所有をした時点ですでに号泣する準備はできている。 なんでそんなにかなしいのよ 所有したことに手放しで喜べないってなんなのよ 納得しちゃうじゃない

6か月前

B51ed931 1fb9 4e78 8f63 eeb4b4fa47e207bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89e84bc05e8 c086 4730 8280 90cd749500af 10
泳ぐのに、安全でも適切でもありません

泳ぐのに、安全でも適切でもありません

B0f9209d aa6d 4ae3 bf15 9b0e65096a98

すのう

夏目漱石、芥川龍之介、伊集院静、…

結局のところ、私たちはみんな喪失の過程を生きているのだ。貪欲に得ては、次々にうしなう。 瞬間の集積が時間であり、時間の集積が人生であるならば、私はやっぱり瞬間を信じたい。 可憐に、慎ましく、輝く、江國が最高

6か月前

187bb560 6007 4def bd4d de632e937dc58a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96fEee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9