51yjqt3vkel

コメント

著者の玉置さんが釣ったエイで韓国の臭いがきつい料理ホンオフェを作る、富山湾でホタルイカを釣って食べるなど自然の中で獲物を採取し料理して食べるという本。本の流れ、ノリが椎名誠のあやしい探検隊的だなと。あやしい探検隊同様にコスパよりも好奇心と経験すること優先なのが読んでいて清々しさを感じる理由かもなと。採取方法もギンポという魚をハンガーで釣るとか凝ったものもありワクワクしながら最後まで読めました。あと獲物採取や料理に一緒にワイワイ言いながら付き合ってくれる仲間がいる。そこがこの本、愛嬌があるなと思ったところ。

読者

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

ノンフィクション

魔法のラーメン発明物語―私の履歴書

魔法のラーメン発明物語―私の履歴書

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

ラーメン好きは多いが、この人に勝る人はいないだろう。 偉業を成し遂げた人は、やはり苦労と努力が突き抜けてる! この本から、安藤百福氏の挑戦に対する姿勢が学べ、何より文章から感じる謙虚さが成功の秘訣だったのではと思う。 しかもチキンラーメンの成功時期が48歳と知り、更に勇気をもらえた。 普段お世話になってるカップヌードルに、舌では気付かない旨味が加わった! まさに「魔法のラーメン」!

1日前

メイク・ア・ウィッシュ 夢の実現が人生を変えた

メイク・ア・ウィッシュ 夢の実現が人生を変えた

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

chisato

旅好き

これは、メイク・ア・ウィッシュというボランティア団体の理事の方が書かれた、どんなボランティア活動をしているのかが記されている本です。 メイク・ア・ウィッシュは3歳から18歳までの難病と闘っている子どもたちの夢を叶えるボランティア団体です。全世界に支部があり、この本には日本支部でのお話が書かれています。 私自身がメイク・ア・ウィッシュを知ったのは小学生の頃でした。当時読んでいた「ちゃお」に、水族館でイルカの調教師になることを夢見る女の子のお話が掲載されていました。彼女はイルカと泳ぐために水泳部で毎日頑張って泳いでいました。でもある日足を痛め病院に行くと癌が発覚。彼女は片足を失ってしまい、失意のどん底に突き落とされます。彼女の友達はどうにか友人に元気を取り戻してほしくて、調べを尽くしメイク・ア・ウィッシュに彼女の夢を叶えてほしいと頼みます。「足がもとに戻らないとできない」と思い込んでいた、「イルカと一緒に泳ぎたい」という夢。それをメイク・ア・ウィッシュが一緒に叶えてあげるよと手を差し伸べ、遠くまでイルカと一緒に泳ぎに行くお話でした。 大雑把な概要ですが、幼いながらにものすごく心打たれたことを覚えています。 あれから時は流れすっかりその存在は忘れていたのですが、この度本屋さんでこの本を見つけ、懐かしくなって購入しました。 この本では著者がどうやってメイク・ア・ウィッシュと出会ったか、どんな子どもたちと出会い、どんな夢を叶え、どんなふうに生きる活力をもらってきたかが記載されています。 偽善という人もいるかもしれない。意味のないことだと言う人もいるかもしれない。それでも、やっぱり子どもには夢を持ちたければ持ってほしいし、生きている限りその夢を大事にできる人生であってほしい。 そんな思いで、アプリが開かなくてずっとコメント書いてなかったのに、ネットからでもいいから書きたくなって、こんなにズラズラ書いてしましました笑 著者は自分のことを種まきおばさんだと言います。このコメントを読んでくださる人はごく僅かだと思いますが、そんな種まきの一助になれますように。届くべき人のところへ届きますように。

8日前