5123pgwo5pl

受験を控えた私の元にやってきた家庭教師の「先生」。授業は週に2回。火曜に数学、金曜に英語。私を苛立たせる母と思春期の女の子を逆上させる要素を少しだけ持つ父... 続き

コメント

☆4
デビュー作。
とにかく気持ち悪い。のに、主人公の気持ちが理解できてしまって、そんな自分が気持ち悪い。村田作品の気持ち悪さって、全てをむき出しにするから、全てをむき出しにされているようで、他人のそれを見てしまったと同時に私のそれも見られてしまったってとこ。
「ソレは形を変えて、必ず、お姉ちゃんの中からもう一匹生まれてくるよ。(中略)ソレがなくちゃお姉ちゃんはもう、生きていけないんだもん」(「コイビト」)という美佐子のセリフは何もかもを裸にされているようで、だからこそ気持ち悪いし嫌悪感を覚える。

その他のコメント

この異常さに共感できる部分が多いのは、女性としての生きづらさを感じ、狂いそうになったことが私自身にもあるからだろうか。今、必要な作家。読み終えてそう確信した。

性を自覚していく、そのちょっと前と後。

読者

D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e378c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cce5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d386c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c966b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd295db91d57 ea73 4322 a64f cce7542208c69eea5c60 6f85 4347 b3b8 41dfdc053214 27人

村田沙耶香の本

変半身

変半身

Fa2f46de 09b8 4291 8d2c 025044e17ae2

Kenny

読むこと、書くことが好きな人

いつからかわからないのだけど、確かに幼い頃、今生きているのは、生かされているのは「期限付き」なのであって、何か悪いことや失敗をすると、「えーと、じゃあ終わりね」と宣告されてしまうものだと、和式トイレにしゃがんでお腹を一人さすっていたのを思い出す。 とうぜん今はどうしてそうなっていたのかわからないのだけれど、その時は「そう」としか言えない、身体で諒解していたわけで、信じるというのはそういうものだ。 村田沙耶香『変半身(かわりみ)』。どう言えばいいのか、言葉に窮する。とてもラディカルだけど、心地よいのは何故なのか。「本当」というベールを何枚も何枚も脱ぎ捨てて、別のベールを被っては信じるの繰り返し。どうしようもない人間が「ポーポー」叫び倒す。その先にあるのは全く同じ構図で、タマネギの皮よりタチが悪い。 村田沙耶香の小説は『コンビニ人間』しか読んだことはないけれど、残酷さをさらりとむきだしにするから、とてもある意味で倫理的な現象を読者に換気する。自分が倫理的な存在なのだと気付かされる。 『コンビニ人間』も『変半身』も人間についてのはなしだ。小説はだいたい、人間についての話だけれど、正確にいうと、人類、ヒトについての話だ。どこか生物学的で、文化人類学的で、種としてのヒトを扱っている。だから、村田沙耶香の描く人間は強い。次々に別のものを信じていくしかないどうしようもなさは「弱さ」ではない、むしろそこにあるのは種としての「強さ」だ。 ひょっとしたら、僕が語ると次々に出てくる「本当」にクラッシュして、皆が手を繋いで海に飛び込む人間を描いてしまうことになるかもしれない。けれど、種としての人間はそんなことをしない。だから、村田沙耶香のこの小説は、「人間を脱ぎ捨てる」にも関わらず、とってもヒューマニズムな小説で、面白い。 ちなみに『人間が終わる』ということについて僕は別の方向があるのではないかと思っていて、それは中沢新一とかそっち側に何かあるんじゃないかと思っている。備忘録ついでに。

2日前

ラヴレターズ

ラヴレターズ

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

西川美和さんの恋文にジンときて、壇蜜さんにはゾクッとさせられ、松尾スズキさんに、ほほうとなった。俵万智さんも素敵。

9か月前

57d9fb16 4562 4be2 808a 4eff17e74227F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b