61r8khd5aql

コメント

霧舎氏の作品は全て読んでいたと思っていましたが、これは未読でした。
あかずの扉シリーズは重厚なトリック、霧舎学園シリーズは軽めなトリック(その割に難解)と思っていますが、この作品は「秘密基地」という名のレンタルルームの経営者と店子がおかしな事件を解決するという、軽めの方でした。
あかずの扉シリーズの新作を期待しています。

読者

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

文学

神さまたちの遊ぶ庭

神さまたちの遊ぶ庭

80f51ed9 5a97 4f46 8c10 87b5fc4a0f2e

ゆい

浪漫主義。

数行の日記のような体裁で読みやすい。宮下さんの想いも、トムラウシの素晴らしさも、子育てのおもしろエピソードも、すべてが同じくらいのさりげなさで書いてある気がした。何かを大仰に訴える感じはなく、だが必ず何かを考えさせられる、心に残る作品。

約9時間前

3fc576a1 43a9 4193 b269 9e9c6ba687e215208f6c 0d5f 4af4 ad15 6f11ac96c5efBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311 8
お引っ越し

お引っ越し

F38c1168 5758 46e2 87e9 cedb5ff8b863

おもち

恒川光太郎さん好き ミステリーと…

イヤミスという言葉に惹かれて購入。 イヤミスではない。ミステリではない! 失敗したホラー小説。 あんまり面白いと感じませんでした。

約19時間前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cIcon user placeholderD90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f5
プロジェクト:シャーロック

プロジェクト:シャーロック

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

毎年の楽しみにしている『年刊日本SF傑作選』ですが、今年は『さよならの儀式』以来の面白さでした!上田早夕里や宮内悠介はもちろんのこと、我孫子武丸や松崎友里も良かったー。加藤元浩のマンガも秀逸でした。

1日前