619ticsowal

絶対的な闇、圧倒的な光。「運命」に翻弄される4人の男女、物語は、いま極限まで加速する。 米紙WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)年間ベスト10小説、... 続き

コメント

世界に蠢く巨体権力の陰謀と宗教の結び付きを、新興宗教という異分子を通して浮き彫りにしようとした作品。それだけでなく、世にあるすべての穢れ、金、富、性、殺、といったものを詰め込んでいる。無理矢理詰め込んだのではなく、たぶんその凝縮体が宗教(人の精神的な拠り所)なんだろう。一市民としての心の向きがそこにないので、個人的な共感は最後までしづらかったけど。

その他のコメント

読者

187a945f 0f3d 47ab a8b1 0dbb17191506C0f76190 cf7b 441e a008 34357e3c8477E76cfa3d e239 4b2c ba58 a2db91f9e16c8f8e22ae 8ee2 48ad 92e7 52fea7a79a7dC2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e75D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f97c1b1289 399e 445f a1a7 2eea4c2ebab4Bf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa1 130人

中村文則の本

惑いの森

惑いの森

9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf

morganfield

福岡市のおっさん。 音楽好き

2018.06.07 中村文則ファンとしては手に取らずにいられないショートストーリー集。 変わらぬ陰鬱さと、やけっぱちのユーモア。短い中にも中村節が散りばめられてます。

2か月前

575555e2 7411 491a aef7 901f8c6cc825B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb8496c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b 8
教団X

教団X

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

エンターテイメント作品だと思って読んでしまったので、読むのが辛かった。。宗教と哲学と物理と性とテロと、何が何やらわからぬまま終わってしまった。。。

5か月前

Icon user placeholderD63ae6fc 5451 405e b0ab 4f318d1641be4f843edc 0889 45ff a7f0 10b7d57b1ffe 63
悪と仮面のルール

悪と仮面のルール

6dc5c157 0629 4f54 8cc6 9537e8b0eee7

もりのいとさん

メーカー子会社にお勤め中

ある意味で純粋な恋愛小説のように思えた。邪の家系に生まれた故に、人生を逸脱した男の過去と現在と少しの未来が描かれた小説。最後の最後に光があって、救われた。また、一部の利益追求者のために民衆は踊らされ壊される。力のある権力者こそノブレスオブリージュの精神を保ち続けて欲しいというのは夢を見過ぎなのだろうか。

7か月前

1d236186 fded 4568 9bbf 2ff8088f3f3dB5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849C3b1d84d d7fc 4c10 8843 f2a06456e39e
迷宮

迷宮

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

この作家さんの新刊が面白いらしいので、まず慣らそうかと1冊読んでみた。 結構どよんとした感じで…。 もしかしてこの方はどれもこういう感じなのかしら…。

10か月前

B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849C3b1d84d d7fc 4c10 8843 f2a06456e39e