61ae6zmpjjl

最愛の人を失ったとき、人は何ができるのか―― かつて一刀流道場の四天王と謳われた勘定方の瓜生新兵衛は、上役の不正を訴え藩を追われた。 18年後、妻・篠と... 続き

コメント

タイトルの意味をほとんどの人が勘違いしていると思います

読者

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe01b5ff1e 53d2 4d23 ab0f feb95901a674D813a3cb 04c0 4bfc 9e55 97d89fdaf4f9F888b04b d074 442c a9ef d49c5a8788b9E56d04ab a0ea 4dc5 8f97 1e1c27001f925ce16a4e 631a 4333 beac 3eacf7b7c51a5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f23c2297f 584c 41e3 9e4d 2a9be22112ff 9人

葉室麟の本

決戦!関ヶ原

決戦!関ヶ原

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/05/31 読了 『歴史・時代小説縦横無尽の読みくらべガイド』からの選書。関ヶ原の色々な切り口が面白い。お気に入りは木下昌輝の「怪僧恵瓊」。対する葉室麟の「孤狼なり」が三成側の解釈。映画「関ヶ原」のシーンが頭の中を駆け巡った。

18日前

銀漢の賦

銀漢の賦

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

第14回松本清張賞受賞作品。 源五と小弥太と十蔵の友情が羨ましい。男として生きる道が異なる中で、信念を貫きお互いを認め合う。 それが、辛く心に傷を残しながら生きる事であったとしても。 侍には珍しく、主人公源五のキャラクターがユルイのがいい。小弥太と対象的だ。人生も……。 歳を取り人生の先が見えた時、振り返りそして前に進む力を持っている二人の頭上に天の河が横たわる。 徐々に明かされる友情と陰謀、終盤は疾走感があります。読後感はすっきりといっていいでしょう。 歴史的に有名な侍は出てこない葉室麟さんらしい、時代小説です。

9か月前