41sxhg3fbjl

キョウコは、月10万円の生活費で「れんげ荘」で おおむねのんびり穏やかに生活している。 母親が突然倒れ、救急病院のICUに運びこまれたり……、 バイトして... 続き

コメント

れんげ荘物語、第4弾。主人公にもそれぞれの住人たちにも大なり小なりの変化が起きるけど、相変わらずみんな平凡につつましやかに生きている。なんかうれしい。私もベランダの花を摘んで部屋に飾ろうかな。
続きが楽しみです。

読者

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a

群ようこの本

ほどほど快適生活百科

ほどほど快適生活百科

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c

Pinoco

2015/6末

群さんファンの方向けかな。 そうでなければ、一作家のファッションやメイク?など特に参考にもならない。 ただ、とても赤裸々にご家族のことを書かれていてとても勇気のある方だと思った。 2019.7

2か月前

748c3c26 e683 4d7f 8adc f59fc18ef37c20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520B17a9482 7484 4234 97ac 278f56a259f6 9
猫と海鞘

猫と海鞘

C577e428 1eb8 4b68 b523 eb7a32b91c89

Hana

本は、そんなに、読まないの。

購入したのとどんぴしゃな版がなかったのでこちらで保存。 群ようこさんは、軽妙な文章のエッセイなんかを書く人、と言う以外は特に意識したこともなくて、でも昔、我が家で取っていた新聞の連載は子どもながらに欠かさず読んでいた記憶。 今回は完全にタイトルに惹かれて手に取りました。私がずっと気にかけている地域に住む友人のことを思い出さずにはいられなくて。人生で初めてホヤというものを知って食した土地であり、友人とその家族で営む喫茶店の敷地には猫さんたちがのんびり暮らしているのです(猫カフェとかじゃなくて、ふつうに屋外にいる)。ちなみに読んでみて分かったのですが、この本の中にホヤの話は出てきません。それでも、やはり群ようこ節に夢中になり大満足しています。その辺に転がっていそうで転がっていないエピソードを持っているところも可笑しいのですが、やっぱり群さん自身が一歩引いた感じの、でもときにつんのめりになる感じの匙加減が面白いです。 ちなみに、この本は読み終わったら件の友人の喫茶店の文庫に送ろうと思っていたのでそうしようと思っているのですが、果たして喜んでくれるでしゃうか。海鞘出てこなかったけど。

10か月前

しない。

しない。

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本と熱帯…

図書館で借りて読んだ。なぜ借りようと思ったのか思い出せないが。 この人、こんなに毒のある人だったっけ?

12か月前