510sp rkjul

「数学を通して世界をわかりたい」。30歳、若き異能の躍動するデビュー作! 思考の道具として身体から生まれた数学。ものを数える手足の指、記号や計算……道具の... 続き

コメント

こんなに面白いとは。
海外の数学エッセイのような。

その他のコメント

理論の発展ではなく、数学する人間に焦点をあてた本。ギリシャ時代に始まり年代を追っていて、最後に到達するのはアラン・チューリングと岡潔といういずれも独特な数学者。とくに計算からコンピュータへの橋を渡したチューリングの物語が印象的です。

数学なんて苦手で…でもなんか惹かれたので手に取った。読んで良かった。数学をこのような形で表現することで見えてくる世界はとても心地よい。

読者

B44af908 6433 4656 96d8 54d58262dea6136aee2f 5d52 40ac a350 633a63075b504b0c5241 80a2 472e b848 f6014e0eb7560970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a44836f62 c5ba 41c1 aa7b 4dec913c11fdIcon user placeholder06336804 0c03 46fe 9cbc 01f7d99feb67Icon user placeholder 36人

森田真生の本

アリになった数学者

アリになった数学者

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @s…

すごく好き。 脇阪克二さんの絵もぴったり。 「たくさんのふしぎ」は変わらず素敵だ。面白い。 アリになるという発想と世界観の作り方が、漫画家さんや小説家さんの思考の順番と違いそうなところがまた面白い。森田さんならではの世界観。

約2年前

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146aFa8448b4 f8b2 42e4 96c9 25345ba78bb7 13