41xmipvrnil

俳優、堺雅人が「演じる」ときに考えること。大きな話題を呼んだ演技派俳優の初エッセイ。新たに作家の宮尾登美子氏、長嶋有氏との対談、蔵出しインタビュー&写真も収録。 続き

コメント

文才がある。そこらへんの俳優さんが書かれたとは思えない知的な文章表現。

思い返せば仕事の内容ばかりだったなぁ。日常生活のことも少し知りたかったけど、ひとつひとつの仕事に真摯に向き合われていることと、役作りは特にしていないと書かれていたけど、与えられた役になるまでの監督やご自身のイメージを言葉で置き換え、そのことについて考えを深めながら準備される方なのだと感じた。

読者

515ec073 8e79 4fde b30b 6e52bf9836acAe8cfcb0 2072 4547 8dff 115b138b72e2Dbea8975 e92c 4a59 8a07 cbd61456d18104942435 6bef 4cae a8c5 787bc63e676355726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724Fcc06004 07b0 430d 8944 9d99bb56b72e135b803d 7ca3 4402 8442 5d742e74d211 7人

文庫

虐殺器官

虐殺器官

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

広島出身/精神科医/カープ/競馬…

学会のシンポジウムで作者がテーマに挙げられていたのを聴いて初めて作者のことを詳しく知り、遅まきながら作品を手にした。SF小説自体ほとんど読んだことのない自分にとってミステリー性を帯びたとても新鮮な作品だった。ラストの主人公の行動に至る心理がわかりにくかったのは小松左京の批評と同感でちょっと惜しまれるが、近未来に決して絵空事とは言い切れない世界に入り込ませてくれる傑作である。

約1時間前

25324ef3 0952 4d42 a1ef 120426e40dbdIcon user placeholderIcon user placeholder 38
思い出のとき修理します

思い出のとき修理します

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

連作短編集だけれど長編だと思って読みたい。明里と時計屋さんの静かな揺らぎを、ゆっくり感じるのが素敵だ。思い出の修理に奇抜なものは何もない。ただ真摯に向き合って関わり合うことで、人は前に進める。 なんといっても「太一」がキモだろう。彼は欠けたピースをいつも持っている。それが一番の不思議だ。ジャラジャラアクセサリーには、やられてしまいました。笑

1日前

F9f7780e 014f 4422 bcd2 66688f6fdb654f843edc 0889 45ff a7f0 10b7d57b1ffeEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09 17