31xjbiuku7l

発行元から

いかに相手国の人びとの「心と精神を勝ち取る」か-。政府要人同士の伝統的外交と異なり、相手国世論に直接働きかけるパブリック・ディプロマシー。世界各地の反米主義へのアメリカの対抗策として急速に広まったこの文化戦略は、対外広報、人物交流、国際放送など多彩であり、日本でも「クール・ジャパン」といった形で取り入れられてきた。欧米中韓が積極展開する中、文化と外交の融合戦略の実態と思想を明らかにする。

目次

はしがき バヌアツ報告-中国の存在感
序章 最前線(欧米中韓の"競演"
パブリック・ディプロマシーという課題)
第1章 変遷(起源
「新外交」の時代 ほか)
第2章 作法(五類型とモデルケース
「クール・ジャパン」再考 ほか)
第3章 懐疑(文化国際主義の精神
包摂された文化人類学 ほか)
第4章 日本のパブリック・ディプロマシー(歴史的変遷
制度的課題 ほか)

新書

独学術

独学術

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

ふと疑問に思ったことを、もうひと掘りする習慣は身につけてみても良いかもしれない。 毎日発見があるきっと生活は楽しい。 読書は異質な考えをとりあえず受け止めて理解する。確かに、自分の気持ちに余裕がある時の方が読書には向いているのかもしれない。

1日前

7e61dda9 ed4b 4b55 83a6 3bea23683c3f1593dfdc b60d 433c 9e37 cd24b8109c8f5c4ba256 a276 452a b06b 038bf77f8381 55
こうして知財は炎上する―ビジネスに役立つ13の基礎知識

こうして知財は炎上する―ビジネスに役立つ13の基礎知識

6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1

Tomoko

こんにちは

「なお、ここまで見てきたように、コンテンツや商品に関連した当事者たちは、「生みの親」のみならず、その「育ての親」も含め、自らも大きな貢献をしていると考えていることが多い。だからこそ、早い段階から関係者の役割や権利関係を明確にし、曖昧な部分をできるだけ残さないようにしておくことが重要である。それはトラブル発生後にしても同様だ。問題をこじらせないためにも、最低限の「知財リテラシー」は身に付けておきたい。」(171ページより)

約1か月前

「司馬遼太郎」で学ぶ日本史

「司馬遼太郎」で学ぶ日本史

929e7f2b fa63 4430 870c c2505ca9f1c7

Nirirom

積み本増加中

司馬作品を通して、戦国時代から昭和の始めまでを解説した一冊。司馬作品の解説はもとより、歴史的背景、日本国家としての体制や思想の移り変わりが非常にわかりやすく説明してある。 特に明治時代の人(エリートだけでなく、庶民や一介の技術者でも)の自身を犠牲にしても日本をよくしたいという姿勢には、本当に感服するとともに、今の自分の姿勢を恥ずかしく感じてしまう。 それ故にその後の国家としての〝暴走(この本を読む限りだと間違いそう思う)〟が残念に思えてしまう。 とにかく司馬作品が読みたくなるし、他の歴史本も手に取りたくなる著書だと思う。

約1か月前

05ad0229 fb02 435f ab07 33f7dcae878d306d24ad a35d 4741 ab55 6db05468d04dBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311 19