31xjbiuku7l

発行元から

いかに相手国の人びとの「心と精神を勝ち取る」か-。政府要人同士の伝統的外交と異なり、相手国世論に直接働きかけるパブリック・ディプロマシー。世界各地の反米主義へのアメリカの対抗策として急速に広まったこの文化戦略は、対外広報、人物交流、国際放送など多彩であり、日本でも「クール・ジャパン」といった形で取り入れられてきた。欧米中韓が積極展開する中、文化と外交の融合戦略の実態と思想を明らかにする。

目次

はしがき バヌアツ報告-中国の存在感
序章 最前線(欧米中韓の"競演"
パブリック・ディプロマシーという課題)
第1章 変遷(起源
「新外交」の時代 ほか)
第2章 作法(五類型とモデルケース
「クール・ジャパン」再考 ほか)
第3章 懐疑(文化国際主義の精神
包摂された文化人類学 ほか)
第4章 日本のパブリック・ディプロマシー(歴史的変遷
制度的課題 ほか)

新書

翻訳語成立事情

翻訳語成立事情

Cd478bcf 897e 4c70 974c 0b4c6067e818

pp46bear

しがない大学生

恋愛という訳語が作られたのは、日本語世界において心身二元論的な発想がなかったという1つの証拠 心身二元論的な発想なしに、科学の発達はなし得ない?

3日前

Eed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dc6c25fb48 5985 4e7a b42a 610a3bab1fb3D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c