Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51ut1 gtfxl

【小説と翻訳と短歌を中心にした文学ムック】 わたしたちは誰もが重力というものに支配されています。 「たべるのがおそい」は、その重力を少し弱めてみたいと... 続き

コメント

今号で一番印象に残ったのは大前粟生『回転草』。西部劇でよく見るあの回転草が主人公のハードボイルド(?) これ以上だとついて行けずこれ以下だと物足りない、丁度いい感じにぶっ飛んだ設定で面白かった。

その他のコメント

Vol.1同様、小説と一緒に短歌が載せられており、小説にギュッと集中していたアタマが、抽象的で想像力をかきたてられる短歌を読むことでほぐれる気がする。

読者

F88eefad 0ce8 432b a8ab f28f102a9a5c2e879b8e 9c34 4e40 beae 7f7b9120a15c62433824 447f 4f3d a77e 0bd820e33f8b0e812377 5019 4a4b 9f61 8f482e1f71b53a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c519417329 4e84 446d b72e 809e2c04caaeFaaf5700 3cf2 4389 adf6 af8d8ee38bb5 9人

金原瑞人の本

9990個のチーズ

9990個のチーズ

6d6dc50a 273d 4f97 8467 a0e6df9c3362

kohagi

from Mie

80年前のベルギーでのお話なのに、50歳のラールマンスの弱さを人ごととは思えません。

1年前