51x1azu8yfl

クリスマスに子供たちにプレゼントをくれる、サンタクロースという存在。しかし、そのルーツをたどると、そこには想像を絶する“異形の怪物”の姿があった―。「物語... 続き

コメント

"サンタクロース=楽しい思い出"
覆されます。全ては暦の習慣の習わしです。

読者

Icon user placeholder15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c76f7f5af 9c9a 4a22 85c2 e8a67e79ab60 3人

文庫

体は全部知っている

体は全部知っている

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

hito.N

短編が多くて、少しずつ読み進めるのに丁度いい本だった。それでいて印象の浅い話は無いのも良い。登場人物は皆必ず希望みたいなものを持っていて、芯が強い人達の様に感じた。とっても好きな本。

約4時間前

7759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026b08e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c5622Icon user placeholder 13
愚者のエンドロール

愚者のエンドロール

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

古典部シリーズの二作目。 文化祭で上演予定の、未完となったミステリ映画の結末を予想するという、「正解のない」問題に挑まされる奉太郎のお話。 女帝と真の黒幕の暗躍を楽しむ巻。かな、、 バークリーの『毒入りチョコレート事件』のインスパイア作品な訳だけど、ネタがマニアックで、スニーカー文庫(当時)でよくこれ出したなという印象。

約8時間前

Icon user placeholderFdd21047 a80d 4bf5 ab8d 014cae525a96D2df920f a1c1 47f1 9cba 8781a33d2070 41
京都寺町三条のホームズ

京都寺町三条のホームズ

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

女子高生 真城葵がアルバイトをする骨董品店「蔵」 そこの店主の息子 家頭清貴と知り合って 彼が「寺町のホームズ」と呼ばれている所以を身をもって知る 彼自身は自分の名前からきた渾名だと言っているが 彼のあの鋭さはなんなんでしょう 心が読める? もしやテレパシスト? と思えるぐらい 頭も良くてイケメンでいけずだけど優しいって 夢のような男性ですね

約19時間前

9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c184f0dd6 0aa3 4da5 8d62 c708d148d8cbIcon user placeholder 10