51lhrlwnr5l

世の中には平気で人を欺いて陥れる"邪悪な人間"がいる。そして、彼らには罪悪感というものがない-精神科医でカウンセラーを務める著者が診察室で出会った、虚偽に... 続き

コメント

アメリカの精神科医が自身の臨床経験に基づき「一見ごく普通の良識ある人に見えるがその実邪悪なる心を持つ人々」について書いた本の翻訳本。
まだ一般的に病気として認識されていない「悪(邪悪な心)」について治療を試みようとする精神科医の見解と実際のカウンセリングのやりとりの様子などが描かれている。
患者とのやりとりを描いたシーンは読みやすく理解しやすいが、解説や見解の部分は素人には少々回りくどく難解と感じた。
自己愛性境界障害の本と合わせて読むと非常に興味深い。

その他のコメント

読者

6a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a599f3c4e0 ddcb 4f7e 8a33 32c8e52927c587d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d6b34f651 da9b 466f b85d edb25eb3c69b5b88ccf5 2d92 40a1 949e a15a75d28eb162ecca8c a15c 44af b246 69025a476c282162479a 34d3 4aa4 8b00 76884b16b27c89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e 8人

M・スコット・ペックの本

愛すること、生きること 全訳『愛と心理療法』

愛すること、生きること 全訳『愛と心理療法』

B46867b6 d26f 44c3 9ff4 ea2fe9ea6135

reif

Kindle 読み

このあいだ観たマイク・ミルズ『20th Century Women』で引用されていた本として TL に流れてきた。名著ですね、本当のことを書こうとしている。出だしが「人生は困難である。」(言い切った)ですからグッとくる。個人的にカウンセリングを受け始めたばかりでタイムリーな内容、知らずに手に取ったけどガッツリ心理療法の本なのでした。「ほとんどの精神疾患の原因は親である。」(また言い切った)も、自分の問題と合致。話はエスカレートして最終的に神を語るくだりはもうサイファイです。著者はこれを全米ベストセラーとして送り出した後、宗教家になられた顚末を語る「訳者あとがき」めっちゃ冷めてて笑う。読後、姿勢がよくなるやつです

1年前