51cfhw1iwzl

匣の中には綺麗な娘がぴったり入ってゐた。箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。そして巨大な箱型の建物-箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺... 続き

コメント

京極さんは、初めましてでした。ドラマ1クール程の見応えがあります。独特の言い回しがあってそれが凄く魅力的だった。厭なほど現実的で人間らしい部分と、淡々と傍観する様な視点を織り交ぜながら物語が進む。こんなにも複雑なのか!!というぐらい翻弄された気分でした。読み終わりに、ほう、と一言。

その他のコメント

シリーズ2作目にして傑作。
複雑に絡み合う謎と人間模様、どんでん返しに次ぐどんでん返し。良質のミステリーでありながら、京極夏彦らしい蘊蓄も充分に散りばめられ知識欲も満たされる。またその「余談にも思える蘊蓄」が絶妙のタイミングで物語の進行に寄与していく爽快さもたまらない魅力。
分厚い本ですが気がついたらどっぷりハマって抜けられず、謎の糸がほどけ切った読後には一欠片の物悲しさが残ります。

謎解きがページの半分過ぎたくらいから始まったので、そんな解くことある?ページ余っちゃうよと展開を心配しましたが、杞憂でした。

複雑に謎が絡み合って、結果、誰かが悪者というわけではない。余韻が残ります。

読者

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97Akiaivjyeuyp25rambwa67312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951f0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a12a525a9 2a7a 48c3 8710 ee37426c9da0E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab1c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b25Icon user placeholder 41人

京極夏彦の本

まよいが

まよいが

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

京極夏彦の「えほん遠野物語」シリーズの一冊。 山深いところにある。無人のお屋敷。 そこに迷い込んだものは幸福になれる。 川から流れてきた椀。 これで米を救うといつまでも米が無くならない。 比較的よく聞くタイプの昔話が収録されている。 近藤薫美子の柔らかなタッチが良い雰囲気。 描かれる、精霊?妖怪?たちがかわいい。

3か月前

やまびと

やまびと

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

京極夏彦の「えほん遠野物語」シリーズの一冊。 遠野の山に潜む「やまびと」のお話。 異民族なのか、妖怪なのか。 目の色が違う。背が高い。 山に入った子供や女を攫う「やまびと」。 彼らは何者なのか。 その正体は明かされず、不思議さ、怖ろしさだけが残る。

3か月前

今昔百鬼拾遺 天狗

今昔百鬼拾遺 天狗

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

三社横断三ヶ月連続刊行。最終刊 「天狗」ムカつく事件でしたが、胸がスカっとしたラストとなりました。 駒合わせの感じで、推理は進みますがややこしくなるばかり。 敦子がそこの所を丹念に、整理して事件を解決します。

3か月前

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc65694914b67 7a67 47c2 a342 8f4efab80dedCbd54494 4261 4f47 b8d2 d5ed379228dc 10
今昔百鬼拾遺 河童

今昔百鬼拾遺 河童

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

人は欲深く、罪深いものです。 いつも事件に関わってしまう女学生の美由紀さんが登場。中禅寺敦子さんがやんわりと謎を解きます。

3か月前

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656815ce226 c012 4ccf 826a f4183ff80f9d6abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455f