51usbpjlp%2bl

自死を遂げたはずの龍之介は、羅生門の下で目覚めた。門を通じて事件を目撃した龍之介は、現代の田端に茶川龍之介として蘇る。羅生門現象と呼ばれる事件を食い止める... 続き

コメント

最後に一気に…というか一堂に揃うというか…は斬新!と思いました。ちゃんと読んでいないとカオスですが。
作者の芥川愛が微妙に折れ曲がった感じに昇華しきれていませんよーというようなあとがきに好感。

読者

D822530f 2e0d 4fb0 8ccd 12258c751f12A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3eCe97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8 3人

森晶麿の本

黒猫のいない夜のディストピア

黒猫のいない夜のディストピア

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

黒猫シリーズの第2期スタート。 第1期は、と考えてみたら、付き人の成長物語であり、付き人と黒猫の不安定で柔らかな恋愛がゆっくり育まれていく物語であり、未婚の母と父との間に確かに存在していた時期を探す旅であり、親たち世代の秘めた恋を知る旅だったりしたように思う。 第2期のスタートの初っぱなから付き人と黒猫は喧嘩するし、黒猫はその状態のまま出張してしまうし、黒猫とは全然違うタイプの男性が現れて付き人を振り回すし、で読み手としては混乱させられる。作者は舞台にいない黒猫をどうしたいのだろう、って。 最後の母娘のシーンで、母君が「よかった」のセリフが一番泣けてしまった。 母君はその後、一晩中、亡き人を思って泣くほどとても深い想いを抱き続けて生きてきた。それとはまた別の部分で未婚の母として生きていくことを若干23歳で決断た娘を愛している母でもある。その二つの側面が過不足なく表れた言葉のように感じたのだ。好きな人に自分たち二人の娘を会わせたいと願っていた気持ちと、母としていつかは父親と対面させてやりたいと抱いていた希望と。それともう一つ、恋人として母としてではなく、一人の人間として、自ら父親が誰であるか正解にたどり着き、会う機会を得ていた目の前の女の子への賞賛もあったかもしれないとも思う。 最初の「よかった」は、彼と娘の双方に向けて、「あの人は〜」は彼に向けて。最後の「本当に、よかった……」は、父娘が出会えた事象に対して、もしかしたら、親の事情で娘にはさみしい思いをさせたかもしれない、という負い目に対しての言葉だったのでは。 アルバムを開いて過去を辿る行為は、街を歩き回っていた意味の延長線上にあって、そこには決して写っていないけれど、娘との日々の中にあった最愛の人への想いを辿っていたのではないだろうか。ドッペルゲンガーの存在は付き人が父親似であることを示していたわけだから、父親の面影をしっかり宿した可愛い娘との生活は、母君にとって幸福な日々だっただろう。 全然違う分野でそれぞれ大成して、遠くでお互いの存在を活躍を感じてきた彼らの深くて長い時間が終わってしまった。いや、会わずに終わらせたことで(たぶん葬儀も行かないだろう)むしろ、母君の中の彼は「死」を経験せずに済んだのかもしれない。 二人は彼の名前を言い合って確かめ合うことはしない。それが二人にとっての当たり前だだから。これからもその当たり前が続いてゆく。そう感じさせる最後だった。

5か月前

黒猫の回帰あるいは千夜航路

黒猫の回帰あるいは千夜航路

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

第1期の最終巻は、前回のゴロンゴロンを上回るゴロンゴロン巻で甘々のパフェーのよう。 最後の方まで読んで「ええ?!あ、やっぱりそうだったの?!」ともう一度読み返してしまう。 黒猫がちょこっと怒ったかな?というバーのシーンがとても好きなのは、珍しく感情の起伏を感じられたからかもしれない。 今回のおまけも特典も甘々でゴロンゴロンゴロンです。小さい頃の黒猫が語る恋愛観を読んで、これはもう最初から全部読み返して、黒猫の気持ちを想像してニヤニヤニマニマ楽しんでくれたまえ、という作者様からのお誘いなのでは?!と思いました。 特典はもうすでに5回は読んでますね。 くれぐれも特典から読むという愚をおかさぬよう…

1年前

僕が恋したカフカな彼女

僕が恋したカフカな彼女

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

彼女、すごく横暴で素敵。 カフカは正直ほとんど読んでいないので、カフカ的話は微妙についていけず… でもまあキャラ読み派なので楽しく読みました。 二箇所ほど、黒いスーツの彼と付き人が出るのですが、そこだけ空気があっちのシリーズで、ほっこり。

2年前

878c12ae 9732 40db bbd8 bd5fd26703fb248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c3Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8