51ri7rb03sl

路上のギター弾き、夜の仕事、元ヤクザ…… 人の語りを聞くということは、ある人生のなかに入っていくということ。 社会学者が実際に出会った「解釈できない出来事... 続き

コメント

24頁目「誰にも隠されていないが、誰の目にも触れない」を何度も読み返してしまい、先へ進めない。あざやかなモノクロームの景色のような。

解釈は要らない。まるで写真をフィルムのカメラで撮っているような静かに心に留めたくなる断片たち。知とポエティックと手を引いてくれるようにどんどん読み進められる言葉選び。視点、文章ともに大好き。リトルマガジンをライティングするところだから繰り返し読みたい。

『紋切型社会』読んですごい高揚して、本屋行って、多分、スマートに規定されることからすり抜けていくような言葉をもっと聞きたい、みたいなところで「お」と思って買ったんじゃないかと。朝日出版社続き。楽しみ。

あんまりよかったので売り始めました。 http://fuzkue.com/entries/275

誰かの何かは、別の誰かにとっての何かであり得るか。意味が生じない断片を考えることの、難しさと豊かさ。

大事なものが指の間からこぼれないように慎重な手つきで、それでもこぼれ落ちた不確かな何かについて語られた一冊。こんな本をもっと読みたい。

社会学者によるフィールドワークから抜け落ちたもの。その厖大だからこその、かけがえのなさ。が、静謐な筆致で記された名著です。

大学の講義やゼミで先生が本筋と離れたことを話してそれが妙に心に残っているなんてことがあるけど、本書はそんな話を集めた本です。

さらさらと駆け抜けてくようでふと見るとそこに佇んでる意識しない断片的な日常と生き方。
すごい綺麗でとても侘しいけど守りたくなるみたいな文章やった。

ミランダ・ジュライ『あなたを選んでくれるもの』へのポストで、この本の併読をオススメするコメントがあったため即購入。アメリカと日本で状況は違えど、社会の片隅で営まれる日常の「断片」に各々の作者が見出したものーそれらはみな無意味で、その無意味な断片の連なりが放つ奇跡のようなきらめきーは不思議なほど一致している。
街中を歩く無数の人々、あるいは家々に灯る無数の明かりを見るとき、そこに無数の人生が現前しているというその事実に、眩暈がする。

「本当にくだらない、たいしたことのない、何も特別な価値などない」自分自身を、
少しだけ、肯定的に受け入れられるようになりました、ありがとう。
毎日、1節ずつホクホクしながら読んだ。

「私たちにできるのは、瓶のなかに紙切れをいれ、封をして海に流すことだけだ。」
修論に込めた投瓶通信と同じイメージが出てきたのが、個人的に、とても嬉しかった。
そこだけは間違っていなかったんだな。と確信。

「自分のなかで自分のことを笑うことで、
私たちは自分というこのどうしようもないものとなんとか付き合っていける。」

またポツポツと読み返したい。
2016.01.01 読了

著者の姿勢というか佇まいというかスタンスというか、在り方が、とても良かった。とても。
帯にある佐々木敦さんの言葉をメモメモ→ “共感ではなく理解をベースにひたすら寄り添おうとするスタンスは…”
#フヅクエブックス

何者でもない人々の日常は、ドラマチックではないからこその美しさがある。

日常には沢山の物語があるのに、気づかされていないことが多いなと。人が居て環境があり物語があることをそのまま描写している文章も好き。

「外的環境」⇢「内的環境」とできるのはその人自身であり、それが経験となっていくのですね、やっぱり。

どんなものも特別である、ということをこの社会学者は言いたいのではない。ただひとつの無用な石ころをじっと見つめ続けていると、それがいつか、かけがえのないものに変わる瞬間が訪れる。筆者は、そのようなまなざしにひそむ「無意識のいとおしい何か」を、必死で捉えようとしていたのではないか。

電車のなかで読みながら、思わず嗚咽しそうになった。

ふだんの暮らしの中でのとりとめのない思考の流れを再現したような本。
ひとつの話題が頭に浮かんでは、着地点を持たずさまよいながら消えていく。また別の角度から別の話題が首をもたげては消えていく。
なんら結論のない断片の集合体が、個人そして社会を構成している。

「分析されざるものたち」を等身大で描こうとするのに決して偉そうにしないやさしさが随所に見られる。
けっきょくのところ、この本の好きなところは著者である岸先生の姿勢がとてもやさしいところである。

読者

Cbd91a76 15c3 4d22 9f7d 010783c23bf13583b124 ed8d 41b8 8ce0 fcf29ada35ec1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd75201ba5459b fefd 43a5 9800 1506d5a2aa22C2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e7584bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7Cbe668ff bf8e 4314 915b 5a089a854466Icon user placeholder 147人

岸政彦の本

はじめての沖縄

はじめての沖縄

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

学会無事終了後帰宅路の新幹線にて久しぶりのよりみちパン!セシリーズ。計らずも慰霊の日と重なる。何も出来る事はないが、その歴史の記憶を忘れずに留める。 過去の一瞬が七十年の時間を経て再び交差する瞬間に 出会うこの場面に長い人生の重みを感じる。 「どの経験も、どの物語も、すべて沖縄である。聞き取りの目標を百名にして、いまこの文章を書いている現在、四十名ほどの方から聞き取りをしているが、そのなかで数名の方が、共通して『空襲のとき、那覇港の石油タンクが燃えて、その光がここまで届いた』という話を語っていた。小禄のほうまで、あるいはもっと遠く、首里のほうまでその光が見えたという。この語りは県史などのほかの資料でも語られている。おそらく当時の那覇周辺の人びとの多くが目にした光景なのだろう。あのとき膨大な人々がほんの一瞬だけ、同じ音を聞き、同じ方向を向いて、同じ火を見たのだ。だが、その瞬間はすぐに過ぎ去り、違う人生が再び始まる。語り手の方々はみな、筆舌に尽くしがたい苦労を経て、それぞれの道を歩んだ。その道は、沖縄中、あるいは日本中・世界中に分岐し、枝分かれして、そのほとんどは二度と交差することがなかった。語り手の方々が語る人生の物語は、まさに沖縄戦後史そのものである。戦争が終わり、戦後復興期もやがて過ぎ、高度経済成長と復帰運動の時代になり、そして復帰後の不景気を乗り越え、バブルを経て、現在の沖縄へと連なる、個人史の長い物語が語られるのだ。あの火を目撃した人びとは、その後のそれぞれの人生の中で、公設市場の八百屋になり、県庁の公務員になり、タクシードライバーになり、本土に出稼ぎに出かけ、琉球大学を卒業して教員になって、それぞれの長い人生を歩んでいく。そして私は、そうした人生の物語に、小さな公民館で、国際通りのカフェで、あるいはご自宅で、ゆっくりと数時間、耳を傾ける。あの瞬間に一瞬だけ同じ火を共に眺めた人びとが、それぞれの長い人生の軌跡を経て、たまたま私と出会い、あのときに見たあの火の話を語る。七十年という時間を経て、火の視線はもういちど交差する。」P.127~128

3か月前

F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c5f7643ca afcd 4ec2 8f06 fa7ef7a84372997ef263 9049 4e36 b3f0 4b584fe58192 8
街の人生

街の人生

63fe00dc 539b 41dd a878 bcbb65a18660

歌う

色々な本を読んで、世界を知りたい…

居てもいい、のではなく、居るのだ。

1年前

Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b38f86b66 592c 488a b0f0 b374ac1f9fcbA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261 19
ビニール傘

ビニール傘

1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8

persimmon1a

専ら室内生息し、ネットか惰眠を貪…

これは社会の片隅に生きる人の話なの?私には普通に思える。こんなもんじゃないの、人生って。

1年前

870e5356 1916 4821 b503 59c16c5338df1ac099b6 c7ba 48ad 80ad bd934bb185f3E5c91822 54f1 4062 aed6 031ec0558765 23
愛と欲望の雑談

愛と欲望の雑談

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

「欲望自体が他者の欲望の内面化」「身体性にすごく弱いから体験主義に弱すぎる」「恋愛とか結婚とかしたくなければしなくてもいいけどはっきりしたくないわけでもないのが難しい」「独身でも福山さんは楽しそうに暮らしていることがみんなの希望だった」等々金言!

1年前

Icon user placeholder4d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dc000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8 23