41eyybbqhzl

コメント

認められる人には原理原則がある=仕事のルール

【成果を出す】
•控えめに約束し、それ以上の仕事をする。
•他人のミスから学ぶ
真に賢い人間は他人のミスからも学ぶ。
その方法...ミスした同僚を助ける

【好印象を与える】
•笑顔を見せる=冷静さ、慌てていない。
•自信があってリラックスしていて、エネルギッシュな人物
•みられていることを意識→身だしなみ、姿勢、たいけい、歩き方

【目標を実現する】
•なりたい自分を決める

【話し方】
•嫌われ者を弁護する
•質問力をつける
もっと情報が欲しいな。実際に◯◯したらどうなるだろう。実現可能か。もう少し考えよう。
•ありがとうを忘れない

【自分の身を守る】
•自分の業界に関する法律を学ぶ(知らなかったでは済まされない)
•他人の原動力を理解する

【周囲と調和する】
•相手に合わせて接し方を変える
保育園と同じ(怒られたらやる気をなくす子もいれば、怒らないとやらない子もいる)
•直属の上司の評判を高める
→いずれ本人に伝わる。忠誠心は伝染する

【昇進】
•会社の視点で考える
主語=私たち。自分にとってではなく、客や会社にとってどうか
•目標をすでに実現した前提で行動する
目指すべき存在にふさわしい行動をする。
①観察する
②学習する
③練習する
④自分のものにする

【外交能力】
喧嘩をするのではなく、それを様子見するのではなく、和解を目指して目指して動く。
•対立の当事者に質問する
考えされることで、感情に支配された状況から抜け出させる。
•中立の立場をとる(争いから超然とする)
•求められるまで自分の意見を言わない
意見を求められた時のために準備しておく。
考えをまとめ、はっきりわかりやすく、さも最善の解決策であるような雰囲気を漂わせる。
〜と思う。ではなく、〜だ。といいきる。
•絶対にカッとならない。
点に目を向け、もっと高い次元、会社全体の問題として考える。
ただ、自制心を失わないことと感情を表現しないことは違う。
気分を害されたら、その場で〜しないでと伝えれば良い。
•個人攻撃をしない。
問題は人ではなく、その人の言動にある。
やり方、知識、スキル..など。
子供が悪いのではない。悪いことをしてしまっただけ。
•他人の怒りに正しく対処
①正当化できる怒り
→謝罪、罪滅ぼしをする方法。相手の状況に同情していることを伝える。
②戦術としての怒り
すぐに止める。怒鳴るのはやめてください。
落ち着かないならこの場から去る。

【権威と影響力を高める】
•情報に裏付けられた本物の説得力を。
本を読み、人の話を聞き、ネットワークを広げる。
誰よりも物事を知り尽くす。
•取引の場から立ち去る用意があれば主導権はあなたにある。
満足のいかない交渉の場合など。
•相手を知る
熱意、懸命、不安、満足、関心がどこにあるか。
•自信と落ち着きを持って行動。
ただできる人の真似をするのではなく、そこに気持ちを込める。

読者

990955f9 ed52 4796 8172 00610c34d61c798e985e 759d 4cc5 9229 d6ff9a995733B6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff2 3人

リチャード・テンプラーの本