51iv5jwvhjl

コメント

読者

A9bafdcb ff52 4b99 bd18 c4fd35a5746dB157b007 4c8d 403f ab76 05595a1fbba1

アート

美術館の舞台裏: 魅せる展覧会を作るには

美術館の舞台裏: 魅せる展覧会を作るには

A28011f6 5568 4051 b8ee cc1699a8420c

m

本と旅に出ます。

タイトル通り、舞台裏についてあらゆる角度から丁寧に記述されている。 学芸員を目指すならまず読んでおくべき書籍の一冊。 本書を読んで展覧会に出かけると、あらゆる部分に学芸員の配慮や苦労を感じることができ楽しみ方が広がるので、美術愛好家にもお勧めしたい。 違法に流通している文化財に関する法整備についての項目が特に印象的で、三億円事件とマルモッタンの盗難事件の関わりについて筆者の体験が綴られていた部分はドキドキしながら読んだ。

約12時間前

思考としてのランドスケープ 地上学への誘い ―歩くこと、見つけること、育てること

思考としてのランドスケープ 地上学への誘い ―歩くこと、見つけること、育てること

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

「風景」や「景観」とも訳されるランドスケープへの新しい視点を気づかせてくれる。「里山セット」、「フィルタリング」されざるを得ない地図 内部を流動化するための外部の武骨化、どれもなるほどと膝を打つ。 「里山セット」とも呼べる「浅間山古墳」の農地利用、墳丘の周りは水田、墳丘段上の前方部は段畑、後円部は薪炭林という地形の読み取り方というかこれは地形のブリコラージュとでも言うべきかそれが古墳の形状を1500年も維持させるという制度を超えた人間の営みのしぶとさが面白い。 「無骨な躯体が内部のツルツルな滑らかさを支えるという構造は、道路や鉄道をはじめ、排水溝や水道管や銃まで、なにかを素早く『流す』ためのさまざまな施設や器具に見られる。外部の構造体は頑なに無骨であることによって、内側の流れの状態をよくすること、つまり『流れてきたものが速やかに流れ去ること』を支えている。また、そのように頑なであることによって、外側の構造体は滑らかな内部と周囲の環境とを隔絶している。内側と外側、それぞれにあるものの様態に注目するなら、この隔絶によって分けられているのは、ものが動くスピードである。滑らかな内部は、滑らかであることでそこに『流れる』ものの速度と量を調整している。この隔絶はまた、内部を流れるものが外部環境を巻き込むことを防いでいるとみなすこともできる。高速道路の自動車たちも排水溝を流れる水も、そこに閉じ込められることによって周囲の土地への影響をなくしている」P.168

8日前

Icon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113