51hoebf7ezl

一九七二年夏、キクとハシはコインロッカーで生まれた。母親を探して九州の孤島から消えたハシを追い、東京へとやって来たキクは、鰐のガリバーと暮らすアネモネに出... 続き

コメント

登場する人物が少しズレた感覚を持っていて、しかし感情が描かれている場面が少なく誰にも感情移入しないので不思議な視点から読めた。

その他のコメント

こういう小説に出会わなければ生きてて苦しくなるばかりで他者に打ち明けられない違和感をもやもや抱えたまんま自分を殺すしかなくなってしまう気がする、だから、生き苦しくても生きるしかない生きろ、生きるしかない、ひとりじゃない、すくなくともこの小説を書いた人は同じ仲間だ、と読んだ後に足の裏で地面を押し返すような力を得られる文学がどうしても私には必要なんだと思う。そう思わせてくれる小説は少ない、それでもこれは大きな力を与えてくれる一冊だ。

閉塞感、脅迫概念、、
そこからくる衝動的なエネルギー

誰よりも速く走りたくなる。

読者

D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b0Icon user placeholderF418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e03724a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a305226c01 9ad2 4726 9ec5 d42f00fdc2d4Icon user placeholderDc942191 f1e8 4ce9 aefe 425ccc58ab02F3ea8963 1c7b 48e9 9f5b 6f34694025b4 60人

村上龍の本

友よ、また逢おう

友よ、また逢おう

29c4ab89 1b08 483a a507 6f2ca5fd4abc

菜奈

生きてるうちに出来るだけ多くの本…

手紙、書きたくなる。 だから手紙を書いた。この2人は文を書くのが上手いよほんとに。言葉ってむつかしい。

11か月前

半島を出よ (上)

半島を出よ (上)

26e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e9014

ひるまん

哲学、村上春樹が好き。

北朝鮮のコマンドが福岡を占拠、無能な政府、そして立ち上がるオチコボレたち。 固有名詞多し。助長な感はあったが楽しく読めた。

1年前

Icon user placeholderB46b8cf7 043e 47f6 b9a7 95bde89b403cA3c7218f 1cc3 40a9 9893 34f9f8bf1466 10