41op5uhezdl

一九八八年、世はバブル景気の頂点。「神の手」をもつ佐伯教授が君臨する東城大学外科教室に、帝華大の「ビッグマウス」高階講師が、食道癌の手術を簡単に行える新兵... 続き

コメント

2018年46冊目。みんな個性強すぎでしょ、って思ってたら、そうか…それぞれ別の作品で主人公なのか…って納得。今まで読んだことなかったけど、今度読んでみようかな。 / 20180314

読者

8f6d6436 5bfe 42c4 b7e5 9ac73f0999fd32b54f2d 1237 43d5 9278 071f587a8bd41068deb3 0d5a 4a63 abbf 84945a35a855F6c4487c b640 4480 993b f9ddc1e1368366514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832dIcon user placeholder7b33feac 70da 4d4c b6e7 19fac8c0c945A1b69106 33a1 4929 9077 6a60d6074d86 22人

海堂尊の本

フィデル誕生 ポーラースター3

フィデル誕生 ポーラースター3

Cfcac1ce 1906 4eb5 b246 12ed0104cd61

Toyohiro Kanazawa

ジャンル問わず

キューバとカストロ親子二世代の話。まるで本人が書いているような文体は臨場感があって良い。ゲバラ漂流は中南米の歴史ばかりで難しかったが、フィデル誕生は主人公たちが中心なので読みやすかった。

4か月前

玉村警部補の巡礼

玉村警部補の巡礼

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

加納警視正と玉村警部補が、ドタバタお遍路をしつつ事件を、解決するお話。読者も強引な加納警視正に引っ張られる。。

約1年前

0a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce49bbf9ea2 6d98 43a7 8bd7 d8a4a7994452