41z2zqvd3sl

コメント

初版は中学生の頃に読んだ記憶があります。図書館にブルーバックスのコーナーがあり、同じく都築卓司さん著者の「タイムマシンの話」と並んで置かれていました。どちらも導入部は面白かったと記憶していますが、途中から専門的な話となり、投げ出してしまいました。

40年以上経ち、今回再読してみましたが、面白かったです。
本書は熱力学の第2法則を豊富な寓話を使ってわかりやすく説明します。数あるブルーバックスの中でも、巻末のブルーバックス発刊の趣旨に最も近い本と思います。
感覚的に理解するのが面倒な第2法則を「分離の状態は、やがて混合という結果に追い込まれることを述べたもの」と「追い込まれる」という言葉を使って説明するなど、職人的教授という気がしました。

面白かったのは、空気が積もらない話。

「①空気分子はできるだけ位置エネルギーを小さくしたい。そのために地上につもってしまうのが最上の策である。
②たくさんの粒子からできている体系は、実現の確率の最も大きな状態になろうとしている。このためには、空気分子は非常に薄く、同じような密度で遥か上空にまで広がるのが得策である」
そして著者は「両法則の顔をたて」、空気は下に濃く、上に薄く分布すると説明します。

本書のすごいのは、「マックスウェルの悪魔」という分子を自由に操ることのできる悪魔を登場させ、分子移動の不可逆性を寓話として理解させようとすること。また、これまた理解が難しいエントロピーを金属とゴムの収縮の違いを例にとって説明し、読者に何となく理解した気にさせてしまうこと。40年前、完読しなかったのが悔やまれます。

なお、エントロピーを理解しても、日常生活に役に立たつことはないと思います。それでも、読書の楽しさを十分に味わえるおすすめの★★★★★。

読者

3a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf51Dbb8f88f 405c 45e1 babd a664f14a104f2da3e43c cf80 4832 b810 5c445f002a55 3人

科学

心臓の力 休めない臓器はなぜ「それ」を宿したのか

心臓の力 休めない臓器はなぜ「それ」を宿したのか

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

著者らが報告したNNCCSについての概説書。心臓は自律神経によって支配されている。自律神経には交感神経と副交感神経があり、かつては交感神経の作用をより強化する強心薬開発が主流だった。最近はβーブロッカーを使用し心機能を更に抑制する治療法に向っている。副交感神経からはアセチルコリンが分泌され、交感神経由来のノルアドレナリンと拮抗して心筋細胞の死滅を防いでいる。しかし心臓には交感神経終末より副交感神経終末の分布が少ないので、単純に考えるとアセチルコリンは足りなくなってしまうはずである。そうならないのはなぜか?

6日前

毒物ずかん: キュートであぶない毒キャラの世界へ

毒物ずかん: キュートであぶない毒キャラの世界へ

67df4434 6981 4a85 b6a5 9f0bcbf04f06

れいん

プログラムに関する本や生理学の本…

くられさんが監修していることもあり、毒について詳しく解説されています。また、イラストの姫川たけおさんの描くキャラクターは癖があって好きです。 身近な毒物から化学兵器、麻薬まで多岐に渡り解説されております。毒物として解説されているのは、ほんの一部ですが、毒とは何か、薬とは何かと言うことが書かれている本です。

17日前

Icon user placeholder2ede264a 30df 4c1e bb83 b3c844b563bb9c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afd