51ek1ecku3l

推理小説マニアの大学生・曳間が、密室で殺害された。しかも仲間が書いている小説の予言通りに。現実と虚構の狭間に出現する5つの《さかさまの密室》とは? '78... 続き

コメント

章ごとにメモを取りながらノンビリと読書。科学から黒魔術まで、まさにごった煮。
解説でようやく気づくアナグラム、虚無への供物でもやられたやつだ……

その他のコメント

解説を読んでも何がなんだかわからず。頭を働かせて読まないと、混乱の極みです。それでも、このボリュームを読んだのは、自分の意地なのでしょうか。はぁ、難しかった!

読者

C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e466b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aB3fd0ffa e716 4bd9 b3c4 c042a9d23124Akiaivjyeuyp25rambwa 4人

竹本健治の本

涙香迷宮

涙香迷宮

8b153b9d 912f 460b 87ff cf2ab8fc2ad0

ミズキ

福島県内公立図書館臨時職員(司書…

日本語ってすごい! 綺麗!っていいたくなるミステリ。

2年前

8d955363 5292 45e6 a47d af2e16c445352a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59dd1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4