51kwh5zcayl

永遠の愛をつかみたいと男は願った―。東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。犯人の名前は、蒲生稔!くり返される凌辱の果ての惨殺。冒... 続き

コメント

叙述トリックというものを知って、初めて読んだ本です。ミステリー、?ではないのかな?
初めから犯人分かってますしね。

この手の作品て人によっては、で?だからなに?ってなる気がしました。

がしかし、
私は驚愕しました。読んでいる時に、へ?え?と間抜けな声を出して、読了した後も、ん?どういうこと??となってました。

3つの視点から進む物語、そこに落とし穴(読者の)があったって感じですね。

性的な描写やグロテスクな表現がかなりリアルなので(リアルは知りませんが)、かなり注意です。

騙されないようにと思い注意深く読み進めたはずなのに、最後の章でまんまとやられました。今読んでも、全く古さは感じないのがすごい。

かなりエログロな内容なので、読むのがしんどい部分もあるけれど、最後に何が待っているのか知りたくてあっという間に読了。
最後は「え?」という声が出そうになるし、混乱する。今まで読んできた全てが、バラバラ崩壊するかのよう。もう一度読めば色々納得できるんだろうけれど、もう一回読むような気持ちの良い内容でないので諦めた。

読者

932fd6c3 af0f 4b98 a4ca c55c38fec0bcC795f1b7 f7a2 4c3a 83e6 05067137976f58f8df79 70bc 4b19 93ee 1eba875e79b41458ffc6 aedd 4d9d 9a34 33440b21a92b71abaace c584 498d 84e5 e132c188cdecC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acDc21208d 0f4c 4c51 838b fd9dad4f5b4fBab25638 243c 4217 ac77 f9d92acc334e 19人

我孫子武丸の本

7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー

7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

限られた尺の中にぎゅうぎゅうに詰め込まれた超豪華短編集。有栖川先生は駆け足ながらいつもの満足感。SF?プロジェクト:シャーロック面白かった!法月先生は本当にエラリー形式なんだなあ。次追っかけるならこの方かなあ。綾辻先生!馴れ初め?ですか!と、感想も詰め込みがち。

6か月前

Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a7153f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460b
裁く眼

裁く眼

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

学生の時に『かまいたちの夜』をプレイしたのをきっかけに当時の最新刊だった『殺戮にいたる病』を読んで衝撃を受けたのが懐かしいです。 『狼と兎のゲーム』など人間の暗い側面を描いた作品から、『警視庁特捜班』シリーズ、『さよならのためだけに』などコメディも書いている我孫子氏ですが、本作はミステリ風物語の様な作品です。法廷画家という他に例がない題材のため、違和感に気がつくこともなく読み進められます(相変わらず、交番に同じ人が毎日いるという問題はありますが)。 そろそろ本格ミステリも読みたいものです。

1年前

探偵映画

探偵映画

43734ade 44d9 485d bbcd 119d1d098f7a

atsushi

団体職員。読書はミステリ中心

少し前の映画が好きな人なら面白く感じるはず。本格ミステリとしてもキレイにまとまってる。

約3年前

C0bf4338 716a 48b4 82e3 90d8c878a300Icon user placeholder