Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
31blmwexfcl

コメント

文章はテレパシー。
不衛生で醜い描写に吐き気を催せば催すほど、題名の美しさに憧れてしまう。

その他のコメント

ぐるぐるの映像見てる感覚になったのはこの本が初めて。強烈などろどろした嫌悪感、倦怠感、投げやりな感じ、その中に少しだけ見えた澄んだ美しさが忘れられなくてたまに読み返したくなります。

衝撃的でした。
こんな風に世界を見ている人がいるのかと。

描かれるむき出しの生。
行き場のない熱量。
垣間見える静かな時間。

汚らしいけど、美しい。
そんな作品だったと思います。

読者

7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c7Icon user placeholderE153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e0147E51916b3 c90b 45be 81df 9a242cc8b87aD3cc07da 0f68 4277 a71e 0a5dcd0f473024ee37b3 d336 4ae0 9ee6 87bc0b59a2565432a937 b878 42da 859e 0219425d8c6c047f0b43 2e05 41f4 bab0 16ebd7e4af67 48人

村上龍の本

空港にて

空港にて

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

カフカ以降の春樹さんはあんまり読む気がしなくなったのだけど龍さんの方は依然としてハイクオリティな作品を出し続けていると個人的には。この短編集を読んでなかったので手に取ってみましたがやはりどれも面白い。良くも悪くも新しい世界に出て行く様を書いた短編集。タイトル作品は膨らませて長編にしたのでは、と思ったが違うかな。すごく良かったけど「5分後の世界」みたいなヒリヒリしたのもまた読みたいな、と思った。

約2か月前

07c48657 7c66 4963 81a5 bfd815b239fbF57c5d1b 755d 4c91 8749 7757e808795c221ec897 23ae 4a8b 91d7 2fe753e64ab2 9