31blmwexfcl

コメント

文章はテレパシー。
不衛生で醜い描写に吐き気を催せば催すほど、題名の美しさに憧れてしまう。

その他のコメント

ぐるぐるの映像見てる感覚になったのはこの本が初めて。強烈などろどろした嫌悪感、倦怠感、投げやりな感じ、その中に少しだけ見えた澄んだ美しさが忘れられなくてたまに読み返したくなります。

衝撃的でした。
こんな風に世界を見ている人がいるのかと。

描かれるむき出しの生。
行き場のない熱量。
垣間見える静かな時間。

汚らしいけど、美しい。
そんな作品だったと思います。

読者

A0d46346 6b3a 4f43 9706 3d31d2fbe17a00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152fBbdebe8c d07c 4d28 abdd e826dff3047eC8bf73b4 c463 44c7 a2ed 5c8974e889c393f78e92 3ecb 47d1 8688 3088d90302baCe33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e6369d21e99 b3b3 461b a629 6b943372182b 35人

村上龍の本

519ahb2j51l
08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

大昔に読んだ気もしたけど未読のような気もしたので。 前作「愛と幻想のファシズム」とこれ、龍さんが経済に興味を持っていろいろ調べてた時のものかな。既存の教育システムに対して数百万人の中学生が反抗の不登校からインターネットとを駆使して新しい社会を作るまでを描いたもの。とても面白いんだけどやっぱり歳とってから読むと生意気なガキどもにイライラするのも事実。そして前作と同様、凄く才能がある一人の能力で勝ってしまう的な展開にも違和感があった。ビットコイン的なものの予知もあったりしてこの作家の想像力と学習には素直に敬服するけども。そしてこれは大昔に読んだことがあった(笑)

8日前

51emq2f nbl
5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

村上 龍さんの作品は久しぶりで新鮮でした。作風に好みもあると思うのですが、あいかわらず マッチョ です! そして描写は細かく鋭いです、なにしろ設定や世界が広い!その上いつものちょっと説教っぽい語り口は龍さんのファンならばきっとやられます。 私はそこまでのファンではないので、ちょっと気になる部分もあったのですが、細部の描写と世界の設定はさすがです。しかしマッチョです。クールな様でいて熱いく日本の現状を憂いています。 ただ私にはちょっと熱すぎでした。好みの問題ですけれど、読者自身が考えたり想像する部分が非常に狭いきがします。 どっちか選んで、その結果を受け入れろ(あるいは責任持て!)という事なのですが選択肢少ない上に読者の選ぶ過程をミスリードする様な文脈なのです。本当はどちらの選択をしてもその責任は同じ様に重いと思うのですが。 しかし、とても面白く読めました!また読んでよかった!と感じました。メッセージとしては届くかどうか分からないのですが しろさん ありがとうございました! 龍さん好きな方にはオススメです!ちょっと薦めるのが遅すぎですけど。特に「愛と幻想のファシズム」や「5分後の世界」がお好きな方は是非! 私の好きな村上 龍さんの作品は「限りなく透明に近いブルー」と「イン ザ・ミソスープ」です。 2006年 8月

3か月前

77210cd6 cf0f 4c62 8fd8 1e95c13a8a53342077c8 1294 4f15 a426 fd3225eb541bEd541ad3 2249 4ed9 83cf e28c1d2c0c6b