51siswznzgl

コメント

ゲド戦記に近く、それより面白いのでは!と、はまった記憶があるが、細かいところまで覚えてないのでまた読みたいと思ってる一冊。まじめで、程よいSF感な筒井康隆。

【私たちは、身一つで、ラゴスと一緒に旅に出ちゃえばいいのだ。筒井さんが、ちゃーんと物語の終わりまで連れて行ってくれる。】
最近、「なんかオススメの本ない〜?」という漠然とした質問をされた時、この本をオススメしている。
普段から本を読む人も、あまり読まない人も、日本文学しか読まないって人も、エンタメ小説が好きな人も、海外文学ご贔屓な方も。
みんな楽しめる。

淡々と語られるラゴスの旅路。この本の世界観をすっと理解させながら物語を読ませる技量が素晴らしいです。

一人称が変わる転機。
本当に一人の人生を旅する感じ。

少なめのページ数にこれだけの物語を、違和感なく詰め込める文章力に驚き。

自分もこんな最期を迎えたい

SFなのにとても常識的な価値観で世界が生きていました。壁抜けや瞬間移転などの様々な超能力も、個人差はあれど人間が持つ能力の一つとして受け入れられ、合理的に使用されています。
そのような世界観の中、ラゴスの旅の途中から人生の終着点付近までを、淡々と描ききった作品です。
実際に旅を追体験したかのような不思議な読後感です。

適当な筒井先生の作品を愛してるけど、これは筒井先生の本気をみた。むちゃくちゃ面白い。

なんとも不思議な感じ。世界観に慣れるのまでは⁇だけどかなり好き。

筒井さんの作品にしては珍しく子どもにも大人にも薦められるシンプルなファンタジー。
でも筒井作品らしくはないし、一番最初に勧めるのはどうかな、、、と思う。

少年時代に読んで、スピルバーグに映画化して欲しいと思った想い出の一冊。我が子にも好評でした。

ガリヴァー旅行記読んでるみたいだった。なら、ガリヴァーのほうが奇天烈だったかなという感じ。筒井作品、合わないかも。

景色が目の前に広がる SF?ファンタジー?でありながら現実感を伴って地球の未来とも過去とも取れる世界へと僕らを誘ってくれる

静かにはじまり、静かに終わる話しでした。
旅の面白さをガリバー旅行記のようなテンポの良さで読めて、ぞんぶんに楽しみました。

読んでいくうちにラゴスの旅ではなくて、旅のラゴスなんだなってな感じです。

ひさびさに、読み終わりたくない!と思うほどはまりました。
含蓄のあるSFというかんじ。

色々教わることがあるような気がする。世界、政治、人生とかいろいろ。

このアプリで出会い読んでみた。
壁抜け人間や思い浮かべた人の顔になれる絵描きなどのラゴスを取り囲むキャラクター、同化や転移などプチSFな設定が楽しくてすぐ読了。けど、一番の要因はラゴスのモテっぷり。理想的すぎるだろと突っ込みを入れながら、それでもぐんぐん読み進めてしまったことが少し悔しい 笑 2018.3

読者

63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c6179db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bdDd00e078 f2a8 4deb b55a 4d6458e39248754a9910 81ca 4acb 8178 cc34bcc09b08Icon user placeholderC82ef0d1 397a 4035 bf94 76e77d8afd096540d065 b84a 4ad8 9102 372738f03d55Cb6fee81 97ab 4c85 9b00 6906ef9481a0 219人

筒井康隆の本

筒井康隆漫画全集

筒井康隆漫画全集

774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a8

takeharu

主に漫画についての記録を投稿しま…

筒井康隆が、漫画をかいていたことを知っている方は少ないのではないだろうか?本人が描いた漫画の全集。1970年代初頭に、小説サンデー毎日で連載していたらしい。 小説の世界観はそのままに(絵にすると小説以上にぶっ飛び感が伝わってくるけれど)、SFはもちろん、シュールでナンセンスで混沌とした内容となっている。今なら絶対掲載できないようなキワドイ無秩序ネタが満載。 良い意味で漫画の型にハマっておらず、スリリングな読み応えのある一冊。

2か月前