51siswznzgl

コメント

このアプリで出会い読んでみた。
壁抜け人間や思い浮かべた人の顔になれる絵描きなどのラゴスを取り囲むキャラクター、同化や転移などプチSFな設定が楽しくてすぐ読了。けど、一番の要因はラゴスのモテっぷり。理想的すぎるだろと突っ込みを入れながら、それでもぐんぐん読み進めてしまったことが少し悔しい 笑 2018.3

その他のコメント

ゲド戦記に近く、それより面白いのでは!と、はまった記憶があるが、細かいところまで覚えてないのでまた読みたいと思ってる一冊。まじめで、程よいSF感な筒井康隆。

【私たちは、身一つで、ラゴスと一緒に旅に出ちゃえばいいのだ。筒井さんが、ちゃーんと物語の終わりまで連れて行ってくれる。】
最近、「なんかオススメの本ない〜?」という漠然とした質問をされた時、この本をオススメしている。
普段から本を読む人も、あまり読まない人も、日本文学しか読まないって人も、エンタメ小説が好きな人も、海外文学ご贔屓な方も。
みんな楽しめる。

読者

3e88720e d236 475d 8a78 812bc1db5fe3Icon user placeholder65286c4c d90c 4f13 876b 23bbec3cf3a84c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5B7db26cc cd61 4692 a67a 480ac9f12f72B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef41694758dc9b1b 3998 4829 837c 0fa266dd6b6bIcon user placeholder 241人

筒井康隆の本

読書の極意と掟

読書の極意と掟

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

自らの半生を書き起こせ、と言われるとなかなか照れ臭さもあり、虚飾の自分に向き合う辛さも伴うが、愛読書を時系列で紐解くことで思想・哲学をスーッと目の前に出す、という手法は自分のものにしたいものだと思った。今年読んでインパクトを受けたのは「読んでいない本をさも読んでいるように語る本」(タイトルはずっと出てきません)で、そこで感じたのは愛する本を愛する人が手にして読み、歓喜を味わうことは性的興奮をすら凌駕するのではないかとの仮説。変態ですか?中学生の時に手を出した七瀬シリーズを思うところあって四十越えてから再読した。美しき風景と醜い感情との交差の間に間に、ほの見えた哲学のほんの一分がこの自伝的書評に含まれていると思いたい。

2か月前

2c144179 394e 42df a05f 5d380807297cD55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9
農協月へ行く

農協月へ行く

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

あやう

SFが好きなグラフィックデザイナ…

筒井康隆さん初めて読んだ。狂ったスラプスティックな作風の方だったんですねー。 登場人物の自制なく突き詰む感じがシュールでおもしろかったです。ちょっと救いがなくブラックなオチが多くてしんどかったかも。 どの短篇も淡々と異常事態が進み、登場人物の思い込みは激しく、唐突にお話が終わるところに、なぜか現実感を覚えました。私は「経理課長の放送」が好きです。

2か月前

B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef4169477759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026b6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1