514a3iavovl

売れないアラサータレント“おかえり"こと岡えりか。ひょんなきっかけで始めた「旅代理業」は依頼人や出会った人々を笑顔に変えていく。『楽園のカンヴァス』の著者... 続き

コメント

旅先で読んだ。あったかくて、電車で、泣いた。

旅が好きな「おかえり」が窮地に立たされたところから始めた「旅屋」
誰かの代わりに旅をして、依頼人の望む成果物を持ち帰る。
旅は、いってきますと、ただいまがあって、
いってらっしゃいと、おかえりがある。
それらがあるから旅に行こうと思うし、旅がもっと素晴らしいものになる。

『楽園のカンヴァス』系ではなく、『キネマの神様』系のライトに読める作品。安定のハートフルさに、電車で涙が出ちゃうよ。

ノブナガに出てた小泉エリちゃんを彷彿させるかな?なかなかと泣かせます。

旅に出たくなる

人との出会いが楽しみになる本

旅は、出かけるだけで、
すでに意味がある

旅をすることって、
偶然でもあり、
奇跡でもある

時間が経過するほど、
強く美しくなるものがある。
和紙、人との絆、思い出

叩かれて、叩かれて、
強く、美しくなる

売れない三十路タレントが唯一レギュラーだった旅レポ番組打切りとともに始めた「旅屋」。依頼人の代わりに旅に出る、その商売の成果物の出来栄えは...

軽い論調なので、次々ページをめくり数時間で読了。旅先に選ばれた秋田の角館、愛媛の内子町は目立つ観光地ではないものの、本書の温かみのあるエピソードが近くを通る際は訪ねてみたいと思わせる。

また泣かされた

何か、大きな一つがダメになりかけた時、いつも原田マハさんが助けてくれる。
登場人物全員がマハさんの優しさが分け与えられた優しい人ばっかりで、時折その優しさに涙しそうになった。(通勤の電車や会社の休憩室で読んでいたから我慢したけれど)
読んでいる間中、旅へ出たくなったし、ずっと読んでいたいお話だった。続きが気になって休憩中に読み切ってしまったのを、帰り道で後悔するほどに。
ところで、私も明日旅に出る。一泊二日のほぼ弾丸旅だ。そこで何かいい出会いがあるといいな、なんて。

古本屋でふらっと手に取った一冊雨のち晴れに純粋に感動したな。

「本に、おかえり」と言ってくれるのが原田マハさんの作品。どこかで誰かが待ってくれていて、そしてまたその帰りを待つ人が居る。それこそが、旅。旅屋か、いいなぁ。頼んでみたいし、また頼まれたいかも?(笑)読み終えて、じんわりしますね。

旅先での出会い、人と人との絆に心の壁が崩れます。

旅を通して自分と向き合うことってあると思います。短い時間でも、近い場所でも、その旅先で出会うもの、こと、空気、ひと。そのすべてが自分を前に進ませてくれます。そして、帰るべき場所に帰るまでが旅。

いってらっしゃい。

おかえり。

読者

1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01dDb837797 0a5c 462c a088 647b38b1cf613e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e53A3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c2Cfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcb2feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592Icon user placeholder8e282244 7795 486a 8072 f624a5a38aeb 61人

原田マハの本

美しき愚かものたちのタブロー

美しき愚かものたちのタブロー

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

なんで美術の教科書は、こういうことを教えてくれなかったのだろうか。本の中で、絵画との接し方を松方幸次郎に教えてもらった気がする。とりあえず西洋美術館でやってる松方コレクションを観に行かねば。久しぶりに睡蓮を観に川村記念美術館にも行きたくなった。でもやっぱりパリにも行きたい。。。

2か月前

Icon user placeholderCd7b3ce4 c62e 453b a717 1f74c9cef6f751719c79 83ea 4338 b822 8cdc3aa5e494 19
思わぬ出会いに心ときめく パリの小さな美術館

思わぬ出会いに心ときめく パリの小さな美術館

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee

モコ

ネットよりも、活字が大好きです。

パリの街中に佇む様々な様式の美術館の数々。どれもが、人々の生活に密着していて子どもから大人まで、日常的に素晴らしい芸術に触れている様子を見ると、芸術への想いを形成する土壌の豊かさに「さすが、パリ」と、思わずにはいられません。

6か月前

C1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b768817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311 23
常設展示室: Permanent Collection

常設展示室: Permanent Collection

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

運命の絵というものがあるものです。 運命の本があるように。 この本を読んでいると、 絵を観るということは、絵画の知識を伴わなくても良いのよ、と許してもらえてる気がして嬉しい。 常設展示がユニークな美術館が、思いの外あるのをご存知だろうか。並んで観る絵も素晴らしいが、美術館が心を込めて常設している美術品も素晴らしい。 でも、人が少ないと自分はチョット照れてしまうのである。笑

6か月前

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e47b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f043Ef71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7b 17
ロマンシエ

ロマンシエ

015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554

まいさん

頭でっかちにならないように、ゆっ…

マハさん史上最もチャーミングな男の子が主役! 大好きなアート、そして大好きな人にまっすぐに向き合うその姿はとってもピュアで魅力的だったなぁ〜。 マハさんの作品の素晴らしいところは、アートの素晴らしさと魅力を、すごくわかりやすく丁寧に描いているところ。 アートに興味がある人も、そうでない人もきっと楽しめるはず。とっても大好きな作家さんです。

8か月前

75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e99b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3 29