51xap48a79l

品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑... 続き

コメント

素晴らしく丁寧な物語。
その舞台となるイギリスのリトルコンプトンやウェイマスの風景も素敵で(画像検索した)読みながら主人公のようにちょっとした旅行気分を味わった。

執事であるスティーブンスの信念には確固たるものがあるが、時々かいま見える人間らしさに一息つく。
カズオ・イシグロの著作をもっと読んでみたい

読書会の2冊目として。旅のおわりにスティーブンスが夕陽を見ながらじんわりと涙するシーンが印象的でした。

誇り高く勤めあげた仕事も、愛すべき女を選ばなかった決断も、人生の終盤に至って自分の選択が誤りではなかったかと気付かされる瞬間を、美しい情景と静かな哀しみの中に綴っていく一作。

主人公の姿には第二次大戦後のイギリスの衰退が重ね合わせられていて、その時その時で最良と思える判断をして来た筈なのに、どうしてこんな末路を迎えてしまったのか。主人公の過誤は大英帝国の誤りへと投影され、物語に深みを持たせることに成功している。

時の流れの残酷さは、クリスティの「バートラムホテルにて」や「象は忘れない」を何処と無く想起させられた(久しぶりに読みたくなって来た

執事つながりで。地図片手に読みました。

カズオ・イシグロ版『ダークナイト』(と私的解釈)英国紳士というシステムが崩壊する中で、それでもその仕事に誇りをもって粛々と働くスティーブンスの物語。信念と時代が違えたとき、何が起きるのか。傑作。

静かで、哀しい。

イギリスの名家に仕えた執事が、老年に旅をしながら語る回顧録。

自分が一生をかけた職業で目指した理想像、信じた人、自分が成し遂げたと誇りに思っていたこと、こうあるべきと思って選んだ選択。
それらが、もしかしたら間違っていたのかもしれない、間違っていなかったとしても他の道があったのかもしれない、いやどこでどうやったらそれを選べたのだろう、、、
主人公の執事が夕日の中で涙し、そして、新しいアメリカ人のご主人のためにジョークの勉強をしようと思う最後のシーンは、なんだか滑稽なのだけど、じんとくる。

そして、カズオ・イシグロがもともと日本語で書いたのかと思ってしまうほど、素晴らしい翻訳。

カズオイシグロの不思議な所は、英国人でありながら、日本人の感性である「もののあはれ」をテーマとして盛り込んでいる所だと思う。
ブッカー賞受賞作だが、すごい感動大作かというとそういう感じはない。
ただ、この侘び寂び的な要素がある本作は、味わい深い箇所が多い。19世紀は英国の時代だったんだなと。

何度となく、手にしてしまう。
映画のアンソニー・ホプキンスも良かったなー!

人に贈るために本を買い直すということをはじめてした本

言わずと知れたノーベル賞作家の有名作。自分はこの人の作品は二作〜わたしを離さないで、夜想曲集〜しか読んだことが無く途中で挫折したものもあったりで、なんとなくリズムが合わないな、と思っていたのだけれど改めて読んでみるかと思って手にとってみた。昔は貴族の、今はその屋敷を買い取ったアメリカ人の執事として働く男が休暇旅行を兼ねて昔の女中頭に会いに行く、というだけの話で正直なところ中盤くらいまでは何が面白いのか…と思っていたのだけど後半にかけての広がりが素晴らしかった。尊敬し仕えていた貴族の没落やなんとなくお互いに愛情を持っていた女中頭との関係など、事実関係を描くことなくそれでいて状況を読者に分からせながら、なんとも言えない喪失感を漂わせてくる辺りがやはり只者ではないなと。それでいてそこはかとない希望も感じさせられ読後感も悪くない。これは評価されるわけだ。途中で投げ出した他の作品も改めて読んでみようと思った。

長らくの積ん読本をようやく手に取り、明け方に読了。土屋氏の翻訳の妙について解説しているブログ記事を見つけ、なぜ一気に引き込まれてしまったのか納得。

「人が自らの過ちを認めるには、必要な時間がある」と話す番組を見て購入。

最後の一章が美しい。それまでの一見バラバラに見える回想の数々が見事に収束する。ノーベル賞受賞時にはまるで日本人が受賞したかのような騒がれ方だったが、完全な英国文学作品である。

2017年に読んだなかでベスト3に入るくらいの面白さで、色々とコメントを書こうと思ったのだけれど上手くまとまらなくて放置してしまった。
ニュースで話題になっていたので母親も知っていて、貸したら「話しが重かった」という感想を頂いたということだけ記録しておこうと思う。
確かに重い話ではある。自分は大好き。

カズオイシグロの作品として最初に読んだ本でした。読み始めてどのような話か最初はわかりませんでしたが、謙虚な執事、使用人の会話の内容、また今と違う時代の流れを感じました。ゆったりとした。心落ち着く内容でした。

ある主人に仕えた執事の手紙。執事スティーブンの心の葛藤がなんとも言えないテンポで描かれています。古き良き英国も伝わってきました。いつか原書を読んでみたいと思いました。

執事の仕事って、片時も休めないんですね。

品格ある執事には私ではとてもなれそうにありません。大英帝国の世界観を楽しませて頂きました。

読者

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97Icon user placeholderB202f626 0795 4027 99ca 47cba860609522b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e7344d13b7 53ef 45f2 aeea f22c2967245584bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7F456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b06cf19296 f211 42b0 aec8 6cf1037b45bd 97人

カズオ・イシグロの本

浮世の画家

浮世の画家

B0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3ba

mia

つぶやきは基本的に内容が\ナイヨ…

「あなたと同じ日に生まれた著名人の本」として友人からの誕生日プレゼントで手にした本。 実際には1つだけであろう場面を、これまで主人公が関わってきた人たちとの記憶を思い出して、色んな場面に展開していく。 こんなことがあった、あんなことがあったと、悪くいえば話が進まない。きっとこの主人公との会話は本当に止まらないんだろうと思う。

4か月前

9727e8b0 10dd 4c31 b733 85abb59bdfbbB67c853a d9fe 49ee ace7 fb82be84a225Da89d462 9367 4b41 968a 24fe70ba9057 8
忘れられた巨人

忘れられた巨人

Ad7825af 31c7 446b af9e 8f3c399104ac

おめめ

主に鯖管のエンジニア

舞台はアーサー王の死去からそれ程年月の建っていないブリテン島。鬼や竜が出てくるのでファンタジーの部類ですが、丁寧な風景の描写によりスルスルと古代のブリテンに引き込まれます。 国が、個人が閉じたコミュニティに向かい過去の清算を望むなら、忘れられた巨人を揺り起こすのかもしれません。そんな時この老夫婦の様に互いを受け入れ愛するには何が大事なのか、ヒントを貰った気がします。

11か月前

39066682 b36d 4b57 b86d dfb07ffc2ec19807894d c4af 4d2f a85e b7f8185c4ef4Icon user placeholder 26
充たされざる者

充たされざる者

F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9

さそり座

本当にずっと充たされない。 邪魔が入ったり他のこと思い出したりして何にも先に進まない。眠れないし食べられない、気持ちは焦るばかり。 初対面と思っていたら知り合いだったり、遠いはずの場所と場所が繋がっていたりするところが夢の中の話のよう。 聞こえるように嫌味を言われたり、自分だけが把握していないことがあったりして窮地に立たされる悪夢を見続けている感じ。 充たされそうな場面で終わるが、それもちょっとあやしい。 元気な時に、なるべく広く日当たりのいい場所で読むのが良いかもしれない。

11か月前

66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a40deeedb c1a3 44e2 8f16 b81c4d19201fIcon user placeholder
わたしたちが孤児だったころ

わたしたちが孤児だったころ

D12499a3 7577 4a9e 9ed0 5c28fedebfaf

Ryuji

楽器メーカーで、音楽関係の仕事を…

ミステリーと幼年期の淡いノスタルジアが並列で描かれ、最後に現実と直面する。現実に放り出されてからの人生(親から離れ孤児になること)が本当のスタートなのだ。

約2年前

78101fe1 1444 49dc a624 708e7d328fcd11afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032Ed17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f