51yp7bzw8nl

はじめに ・春の巻 電車でお花見 嵯峨野トロッコ 梅の咲く頃 素朴な山陽電車に乗る 縁起もの タヌキと出会える信楽高原鐵道 水の流れるごとく 水...
続き

コメント

地元に居ながら、近過ぎるのが災い?してか、阪堺電車くらいしか経験してませんが。日帰りでぷらっと出かける、そんな旅も良いですよね。

読者

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cDa7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa9219827526 a639 4044 9981 d86c526cb750 3人

細川貂々の本

異教の隣人

異教の隣人

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

興味深い皆さんが話題に出されていたので手にとってみた。日本の特に関西を中心にいろんな宗教施設や団体を僧侶でもある宗教学者を中心としたメンバーが訪問し対話する、というもの。とりあげられている宗教団体はイスラム教、ジャイナ教、ユダヤ教、台湾仏教、シク教、ベトナム仏教、ヒンドゥー教、正教会、韓国キリスト教、コプト正教、朝鮮半島の巫俗、で他に外国人墓地、修道院、ペルーのカトリックの祭、日本人ムスリム、ブラジル教会、ムスリムのファッション、ラマダン明けの祭、タイ仏教の終末ケア、イラン人の商人、在日クルド人、春節を祝う人達、なども訪れる。共通していることは異郷にあって同一の宗教体験を共有できることが人々の心を強くしている、ということ。文章は記者が手がけていて読みやすく、日本にもこれだけいろんな宗教が入っているのか、という驚きもあり非常に興味深かった。

2か月前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Fa4f2bf9 5ba7 4884 a38a fb880aee17253db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa