51rwi67uhjl

読者

7225a567 edb7 4fa9 92d0 7b10908e4888

文庫

伝奇集

伝奇集

D5f29d4b 22fd 4ed4 b64d 631bfe60b2fc

kantaroh

ブルーにこんがらがって

ボルヘスは牙を剥く。 何処までがフィクションで、 何処までが現実に基づく物語 なのかがわからない。 階段を上っているのに、下っているような 見知った街なのに、道に迷ってしまうような 奇妙な物語なのか、お話なのか。 虫の音も聴こえない東京の秋の夜長に ボルヘスのコトバはちと刺さる。

2日前

Abc154e0 3994 4f0d 9d52 84a14e43a59708634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c04917766 8fce 4394 8236 d2766d77836c 18
中国行きのスロウ・ボート

中国行きのスロウ・ボート

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3

S

立命館大学

自己憐憫。2人目の中国人の話、やばかった。 テレビの唯一優れた点がある。それは、好きな時に消せること。シャンパンには用途なんてない。栓を抜くべき時があるだけさ。例えば僕が「偶然」という字を書く。しかしこの「偶然」という字体からあなたが感じるものは、僕が同じ字体から感じるものとは全く別のものーあるいは逆のものーかもしれない。

2日前

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bF9985f81 3e2e 48dc a968 93a6a4611690677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6 27