51 ydsdj6wl

お茶を習い始めて二十五年。就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々。失恋、父の死という悲しみのなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。... 続き

コメント

瑞々しい気持ちになる。この本をきっかけにして茶道教室へ通っていたことがあります。それほど心動かされました。

年の瀬に読めてよかった。最初は淡々としたお茶を習う日々が綴られていて、主人公と同じく、お茶の真髄がよくわからなかった。でも、後半から開眼していく主人公の目線がとてもとても美しくて。こんな風に世界を見てみたいと思った。

一番印象的かつ、涙したのは、一期一会の節。p180)いつでも会えると思ったお父さんが急死してしまって。今ある当たり前がいかに尊いことなのか。

「だからこそ、私は強く思う。会いたいと思ったら会わなければいけない。好きな人がいたら、好きだと言わなければいけない。花が咲いたら、祝おう。恋をしたら、溺れよう。嬉しかったら、分ち合おう。幸せな時は、その幸せん抱きしめて、100%かみしめる。それがたぶん、人間に出来るあらん限りのことなのだ。」

最近、色んなことを難しく考えて、素直になれてなかった。それがとても苦しかった。来年のテーマはもっと素直に。そんな気持ちになりました。
2018.12.31

何か続けると見えてくるものがあるんだな、と思った。
自分にも森下さんにとっての茶道のような、この先生の様な出会いができたら素晴らしいと思う。

裏と表の違いはあっても同じく二十数年お茶と関わってきたわたしにとって、共感することばかり。思わず涙が出る場面が何度もありました。もはやお茶はわたしの人生の根底に常にあるもので、わたしを支えてくれるものであることを、改めて確認できました。

読んだとたん、お抹茶と和菓子を頂きたくなり、お茶屋さんの喫茶に駆け込んだ。私は華道をやっていて、同じような事を思うこともあるので参考になりました

毎日がやらないといけないことを、こなすのに精一杯の毎日です。
そんな中で、お茶を習うまでは難しくても、目の前のことだけに集中したり、丁寧にお茶を入れたり、空や道端の変化に気づいたり
そんな毎日にしていきたいと思える本でした。私みたいにやらないとに追われまくる人にオススメの本です

みなさんのコメントが気になり、読んでみました!
映画化されているんですね〜。

これは「読むお茶」ですね。読んだあと背筋が伸びました。こんな世界だったとは知らなかった…
素晴らしいです。

↓蛇足ですが…
著者の方は昔、週間朝日で「デキゴトロジー」のコーナーを書いてらしたんですね!
その頃、父のをこっそり読んでたのを懐かしく思い出しました。

お茶会の、わちゃわちゃした感じの描写がとても面白くて、ちょっとデキゴトロジーを思い出しました。

私も茶道を習っており、茶室の持つ雰囲気、そのお席をご一緒させて頂く方々とのひとときが好きできっと一生続けるだろうなという気がしています。

この本は肌で感じたそんな感覚を言語化してくれています。茶道に触れた事がある方そうでない方全てに手に取って頂きたいです。

自分のこれからの、指南書になってくれそうな一冊でした。

ただでさえ一般的な生活から程遠く理解しがたいと思ってしまう「お茶」の真の意味をここまで分かりやすく、優しく文章に仕立て上げている本書はまさに一読の価値あり。大きな展開などないけど、全てを読んで初めてしっとりと腹に落ちる。
前書きは音読した。

無になる事で得るものがある。
今の自分に必要な一冊でした。

たまたま通りかかった骨董屋さんでお茶を教えているというのを知って、ちょっとお茶に興味を持った。そんなとき、本屋さんの文庫本コーナーに平積みされているのを見て、タイトルと装丁が気に入って購入。

2018年41冊目。季節は四季でも、二四節気ですらも不十分で、毎日毎日別のもので、そのすべてが良い日。なのかなぁ。言葉は万能じゃないね。沈黙の熱さ、というフレーズがすごくすきでした。/ 20180309

お茶について深く考えたことがなかった。
経験の無い自分にとっては堅苦しく、緊張し、恥ずかしい気持ちにさせられるもの。勝手にそんなイメージがなんとなく心の中にあったように思う。
先日、お茶を頂く機会があり、そのイメージが少し崩れた。この本を読んで、更にイメージが崩れ、もっと違った印象を持てるようになった。
不安な毎日が生きやすくなるかもしれない。是非読んでみてもらいたい。

生きていて幸せを感じる瞬間などそうそう無いと思えるけど、この本を読み終わって、もしかしたら、今、私、幸せかも。と、感じました。変わらない毎日、変わりすぎる毎日、そんな日々も味わって生きていきたい。と、思えるような本です。とても素敵な本でした。

勧められて。
とてもいい本でした。
ただ当たり前の事も、ただ生きてるだけと思ってても、憂鬱も陽気もそれに対して悪い事なんて無い。
‪感覚は日々から学んでた。

読むと優しい気持ちになります。そして、お茶を習いに行きたくなりました。
素敵な本です。

文章が清々しい。お茶を習っていない人も楽しめる。他のお稽古事にも通じる所があるのではないだろうか。「天気の日も雨の日も、すべていい日」解説も素敵だ。

2018/10/8読み始め。

川西のモザイクボックス紀伊国屋書店で棚に並べられた本の上で映画「日日是好日」の予告が流れていた。樹木希林の声にふと見てしまった。
棚には映画の原作が並べてあり、映画の予告が何やら気になり本を手に取りなにげに買った。

世の中には、直ぐに分かるものと、直ぐには分からないものがあります。
自分の手の感覚を信じてみると、また、新たな発見があるかもしれない。
それを育ててみてくださいね。
武道、特に私が、かかわっている合気道は、勝ち敗けがありません。しかし、手に残る感覚はある。感覚は各自さまざまです。その感覚の方向に向かって進んで良いのではないでしょうか。
ということを、考えていました。
映画を観てみないと!
2018/11/9読了。

読者

33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737Ce036233 bce1 4238 b04f bbda93f4d716147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eB801fb69 8df2 47de af65 b9071c9a8482Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a622461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4F594472c 0b62 423f b639 a20c06a365b6 126人

森下典子の本

こいしいたべもの

こいしいたべもの

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

たべものにまつわるエッセイとかわいらしいイラスト ぽっかりとした幸せを感じるお話たち。 夜、読むとお腹がすきます

3か月前

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09Fff70f4a d02e 4323 b181 5a5c24be2dd1 26
好日日記―季節のように生きる

好日日記―季節のように生きる

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

「日日是好日」の続編。こちらも淡々とお稽古の様子や季節の移り変わりが描かれているのですが、それだけではなく所処に気づきがある。お茶を通しての、気持ちの有りようなど。 この本にはスピリチュアル要素は全く無いのに少し前に読んだ吉本ばななさんの「違うことをしないこと」と近いものを感じた。

8か月前